[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本のスポーツ文化は貧しい」 “革命家”サッカー人が目指す、誰もが幸せになれるクラブの姿

2020年2月、FC市川GUNNERSの代表を務める幸野健一は、58年の歴史を持つ市川SCと業務提携を行い、将来のJリーグ参入を目指していくことを発表した。

FC市川GUNNERSの代表を務める幸野健一【写真:編集部】
FC市川GUNNERSの代表を務める幸野健一【写真:編集部】

【幸野健一が挑む日本のスポーツ文化改革|第1回】サッカーの母国で気付かされた文化的背景の違い

 2020年2月、FC市川GUNNERSの代表を務める幸野健一は、58年の歴史を持つ市川SCと業務提携を行い、将来のJリーグ参入を目指していくことを発表した。

【注目】久保建英、南野拓実らが本格開幕! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 FC市川GUNNERSは、2014年に幸野が「アーセナルサッカースクール市川」として起ち上げ、過去5年間で在籍者を400人近くまで増やして来た総合型を視野に入れたスポーツクラブである。全国には「Jリーグを目指す」クラブが数多く生まれているが、こうして自前のピッチやクラブハウスを整えてから出発したケースは珍しい。

 幸野がまずハード面を整備したのには理由がある。

「例えば海外から友だちが来てサッカーをすることになったとします。日本ではシャワーも更衣室もない河川敷のグラウンドへ連れて行くことになる。最近では女子も盛んになってきているのに、どこで着替えるのでしょうか。欧州ではクラブハウスがあり、そこに人が集うから文化が醸造されクラブが生き続けていく。日本のように形のないクラブでは、ホスピタリティーも発揮できないし、文化も宿っていかない」

 17歳でイングランドへ渡り、現在プレミアリーグに属するクラブの下部組織でプレーをした。まだアマチュア時代の日本にとって最高峰を競うワールドカップは遥か彼方。ちょうど同じ頃に開催されたアルゼンチン・ワールドカップ(1978年)の大陸予選に参加した日本代表は、グループリーグで1点も奪えず1分3敗で敗退していた。

 サッカーの母国に来てみて、幸野は彼我の最大の違いがどこにあるのか考えた。

「最初は欧州には凄いトレーニング方法があるのかと思っていた。でも早い段階で気づいたんです」

 実際その後約40年間で43カ国を巡ってみて、それは確信に変わった。

「一番の違いは文化的背景です。海外では国民がスポーツとともに幸せに暮らしている。子供の頃に好きになった種目を死ぬまで楽しみ、家族3世代で試合観戦に出かけるケースもある。ところが日本は一見経済大国になれたようでも、スポーツ、芸術、文化に焦点を当てると本当に貧しい状況にある」

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集