[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本サッカーの真の底上げとは? ブラジル帰りの元プロ選手が感じる育成年代の課題

「ブラジルに中学年代までの全国大会なんてありません」

「ユースで全国制覇をしてもプロへの昇格がゼロでは本末転倒です。僕が在籍中のポルトゲーザはユースがブラジルナンバーワンになったんですが、クラブはサブも含めて全員とプロ契約をしましたからね」

 逆に前回紹介した現在ニューウェルス・オールドボーイズ(アルゼンチン)に在籍する鷲野晴貴と同様に、小学生時代にナショナルトレセンに選ばれながら、中学年代はどこのチームにも所属せずにスクールでの練習に集中した子もいたそうである。

「スクールの子を集めてブラジルのチームと試合をした時も、この子が最も高い評価を得ていました。ここでの紅白戦をこなすだけでも十分に上手くなれます。結局ブラジルにも、中学年代までの全国大会なんてありませんからね。逆にスクールでの紅白戦を、そこまでの真剣勝負に持ち込むようにしています」

 利き足の技術を高め、シンプルなタッチやキックに凝縮する。つまりそれこそが、檜垣の描く基本だ。

「ブラジルでも一番多かったトレーニングが2タッチゲームでした。一発で利き足を使えるところにボールを収める。そこが最も重要だということです」

1 2 3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集