[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本サッカーの真の底上げとは? ブラジル帰りの元プロ選手が感じる育成年代の課題

本当に日本のレベルが上がったなら… ブラジル相手に「もう少し見せ場を作れる」

 檜垣は、育成段階でそれが浸透していかないと、日本サッカーが本当に底上げされ、変わっていくのは難しいと考える。

「今、海外で活躍する選手が増えたのは、全体にサッカー熱が上がり、そういうルートができたということ。でも昔から本質的に上手い選手はいたし、最近になって頭抜けた選手が出てきたわけではない。本当に日本のレベルが上がったなら、ブラジルと試合をしても、もう少し見せ場を作れるはずですよ」

 今でも日本の大半の指導現場では、「左右の足の平等」を目指している。これはJFA(日本協会)技術委員会にとっても、再検討するべき喫緊のテーマだと思う。(文中敬称略)

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

1 2 3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集