[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

勝敗だけじゃないドラマ 監督に出場を直訴し掴み取ったゴール「気持ちでぶち込んだ」

半谷の出場直訴を受け入れた指揮官「彼の努力が実った」

 ライトバックとして出場した半谷は、果敢に1対1を仕掛けてシュートを打ち抜いた。「千原台と練習試合をした時に、1対1でけっこう抜けていたので、そのイメージで行きました。抜けたというよりは、とにかく行って、あとは気持ちでぶち込んだ感じですね」。シュートがネットを揺らすと、半谷は飛び上がって渾身のガッツポーズ。チームを波に乗せた。

 峯村監督が半谷の直訴を受け入れたのには理由があった。「半谷は、朝早く来て、一人で黙々とシュート練習を続けてきた。そういう努力をしてきた真面目な選手。その努力が今日の得点に結びついた。シュートを決めて喜んでいる姿を見て、彼の努力が実ったなと僕もうれしく思っています」。

 半谷自身はこの日のプレーを「7:3」と評価。「7は今までのキツい練習の成果でシュートを決められたという満足感。1年生からずっと続けてきた朝のシュート練習の成果を今日出すことができました。3は以前からの課題である、周りが見れない判断力のなさが最後も出てしまった。そこはちょっとした悔いですね」。

 インターハイのコートには、勝敗だけではなく、出場したすべての選手にそれぞれにとっての“勝利”がある。

(山田 智子 / Tomoko Yamada)

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集