[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大分が快勝で準決勝進出、次戦は選抜で敗れた白梅学園 後藤主将「リベンジしたい」

全国高校総体(インターハイ)は7日、ハンドボール競技の男女準々決勝8試合が行なわれ、4試合が1点差ゲームになる激闘の末、ベスト4が出揃った。山鹿市鹿本体育館で行なわれた第3試合では、大分(大分)は水海道二(茨城)に33-20で快勝し、準決勝へ駒を進めた。

準決勝へ駒を進めた大分【写真:山田智子】
準決勝へ駒を進めた大分【写真:山田智子】

インターハイハンドボール準々決勝、水海道二に33-20で快勝

 全国高校総体(インターハイ)は7日、ハンドボール競技の男女準々決勝8試合が行なわれ、4試合が1点差ゲームになる激闘の末、ベスト4が出揃った。山鹿市鹿本体育館で行なわれた第3試合では、大分(大分)は水海道二(茨城)に33-20で快勝し、準決勝へ駒を進めた。

「堅守」を誇る大分が、序盤からトップギアで攻めた。「昨日はふがいない試合をしてしまった。自分のシュートミスではじまって最後まで自分のシュートミスでゲームの流れが悪くなってしまったので」と自省する主将の後藤ほたるを中心に、萩尾ほのかのサイドシュート、後藤のカットイン、清水愛果の速攻と3連続得点で主導権を握った。

 17-11で前半を折り返し、「ハーフタイムに、『自分たちの持ち味を生かして、とにかく走ろう』と話した」。後半の立ち上がりに速攻攻勢で畳み掛け、8分には23-13とリードを10点に広げる。「昨日は点差が開いた後、油断して集中力が切れた」という反省を踏まえ、その後も攻撃の手を緩めず。3回戦の課題を解消し、33-20の完勝で準々決勝を突破した。

 勝った大分を準決勝で待ち受けるのは、華陵(山口)を24-17で下した、春の選抜大会準Vの白梅学園(東京)だ。選抜では1点差で敗れた相手。後藤主将は「リベンジしたい」と意気込んだ。

(山田 智子 / Tomoko Yamada)

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集