[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

たった1人の「W」が駆ける夏 早実2年生・石塚陽士が229秒に込めた「ワセダの誇り」

たった1人のエンジ色の「W」が力走した。全国高校総体(インターハイ)は陸上第2日は5日、沖縄・タピック県総ひやごんスタジアムで各種目が行われ、男子1500メートル決勝で石塚陽士(2年=早実)が3分49秒15で8位入賞。中学時代は複数の強豪校を断って早実を選び、初めてのインターハイで躍動した。

「W」を胸に力走した石塚【写真:奥井隆史】
「W」を胸に力走した石塚【写真:奥井隆史】

「自由なカラー」に惹かれ強豪校断り…早実から今大会唯一出場で1500m8位入賞

 たった1人のエンジ色の「W」が力走した。全国高校総体(インターハイ)は陸上第2日は5日、沖縄・タピック県総ひやごんスタジアムで各種目が行われ、男子1500メートル決勝で石塚陽士(2年=早実)が3分49秒15で8位入賞。中学時代は複数の強豪校を断って早実を選び、初めてのインターハイで躍動した。

 全国から各校が多くの選手を送り込む夏のインターハイ。競技場周辺は学校ごとにテントが張られ、競技場内外に選手でごった返す。レース前の選手紹介の名前がコールされると、客席から同僚たちの「ファイト~!」の揃った大声援が飛ぶ。そんな中、早実で今大会唯一出場した石塚はスタートラインに立った。

 レースは外国人留学生が果敢に引っ張る展開。第2集団に付け、力を溜めた。10番手で残り1周の鐘が鳴ると、ピッチを上げる。2人交わし、最後まで死力を尽くして激走。3分49秒15で8位入賞を果たし、留学生ランナーを除けば、2年生以下で最先着。初めてのインターハイで堂々たる結果を残した。

「2年生だったので、まずは決勝に進むことを考えていた。実際に決勝を走って入賞も決めることができたので良かった」とハキハキと振り返り、初出場のインターハイについて「ラストに自信がある選手が多かった。自分はイーブンにまとめていくタイプ。切り替えが大事と感じた」と収穫も肌で感じた。

「ワセダ」に憧れ、「W」のユニホームをまとった。中学時代は全中で3000メートル3位、1500メートル4位と全国トップクラスの成績を残し、関東近郊の強豪校から複数声がかかった。しかし、石塚は「早実の自由なカラーで、自分で考えて、マイペースにやれる環境に惹かれた」とすべて断り、早実を選んだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集