[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

たった1人の「W」が駆ける夏 早実2年生・石塚陽士が229秒に込めた「ワセダの誇り」

中学時代はほぼオール5、将来は「早大で箱根駅伝」から「建築士」へ

 町田南中時代は成績はほぼオール5。学年240人のうち、上位5番に入るほど学力優秀だった。明晰な頭脳は「自由なカラー」の早実で実践。自分で週5日の練習メニューも工夫し、スプリントを強化したいと思えば、短距離の400メートル組に志願して練習に加わり、強化に奔走してきた。

 早実の陸上部は発展途上にある。今大会に出場したのは石塚のみ。沖縄にはサポートしてくれる同級生とたった2人で乗り込んだ。「一緒に行動してくれて、すごく感謝している」と二人三脚で全国の強豪校ランナーと渡り合った229秒。2年生にして努力の成果を示した。

 卒業後は「早大で箱根駅伝に出たい」と意気込むが、その後は「陸上をやるつもりはない」と将来も見据える。夢は建築士になること。そのために大学では理系に進み、箱根と建築士の夢を追いかけるつもりだ。「大変になると思うけど……」と笑いながらも、はっきりとした口調に強い意志を感じさせた。

 ただ、高校生活で求めるのは、早実で完全燃焼すること。今大会は5000メートルにもエントリー。「まずは次の5000メートルも頑張る。1500メートルは2年生で入賞できたので、来年は3年生で優勝したい」と意気込んだ。ユニホームの「W」の内側にある胸には「ワセダの誇り」が宿されている。

◇インターハイの陸上は4日から8日まで熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集