[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界ジュニア銀の奈良岡功大が4強進出 強いこだわり「シングルスは絶対勝ちたい」

全国高校総体(インターハイ)バドミントン競技は、4日に個人対抗シングルスの準々決勝までを行い、男子シングルスで第1シードの奈良岡功大(浪岡/青森)は、苦戦を強いられたが、準決勝に駒を進めた。

準決勝に駒を進めた奈良岡功大【写真:平野貴也】
準決勝に駒を進めた奈良岡功大【写真:平野貴也】

シングルスで4強、最終日に2冠を狙う「ダブルスも負けたくない」

 全国高校総体(インターハイ)バドミントン競技は、4日に個人対抗シングルスの準々決勝までを行い、男子シングルスで第1シードの奈良岡功大(浪岡/青森)は、苦戦を強いられたが、準決勝に駒を進めた。前日には男子ダブルスでも4強に進出。最終日の5日には、個人対抗の2冠を狙う。奈良岡は「ダブルスも負けたくない。でも、シングルスは絶対に勝ちたい。金メダルを取ります。1回は優勝したいですよ」とシングルスのタイトルにこだわりを示した。

 奈良岡は、監督である父の浩さんに幼少期から指導を受けており、早くから好成績を挙げて来た。国内大会はもとより、国際大会でも活躍。世界ジュニア選手権では、2017年に銅メダル、昨年に銀メダルを獲得。昨年はユースオリンピックの銅メダルも獲得した。

 ただし、インターハイは、まだタイトルを手にしていない。1年次は、決勝でストレート負け。2年生だった昨年は、決勝の途中で左足首の痛みにより棄権した。団体戦で決勝まで戦った上、休みもなく個人対抗の2日間で合計8試合を消化。翌5日は、すべて勝つと4試合連続で臨むことになる。重視して臨んでいる国際大会とはまるで異なる雰囲気には、今回も苦戦している。相手は、打倒・奈良岡となれば全力で向かって来る。しかも、高校生にとって最大の舞台であるインターハイで気合いが違う。シングルスの初日も苦戦を強いられた。

「明日もあるし、今日も4試合目。なるべく体力を消耗しないで勝ちたいと思ったけど、簡単には点を取らせてもらえない。最後は、技術というよりも気持ちで勝った感じ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集