[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界ジュニア銀の奈良岡功大が4強進出 強いこだわり「シングルスは絶対勝ちたい」

精神面のタフネスも問われる最終日、残る力を振り絞って頂点へ

 疲れきった身体を半分だけ起こし、1日を振り返った奈良岡の顔には、苦笑いが浮かんでいた。4回戦では、中島巧(瓊浦/長崎)と対戦。第1ゲームを21-12で取ったが、第2ゲームを19-21で取られて追いつかれた。ファイナルゲームでも相手に粘られ、21-15。疲労感を隠せないまま、準々決勝で川本拓真(埼玉栄/埼玉)と対戦。前後の鋭いフットワークを見せる川本の積極的な強打に苦しめられた。ストレートで勝ったが、21-18、25-23の接戦。第2ゲームは、6度目のマッチポイントで勝利。すぐにコート上で大の字になった。「勝って、ああ終わったと思ったら、自然となった」と振り返った。

 優勝候補と目される選手は、あらゆるプレッシャーに打ち勝たなければならない。最終日の5日は、ダブルスの準決勝、シングルスの準決勝と試合が続き、勝てばそれぞれの決勝が後に続く。体力だけでなく、精神面のタフネスも問われる。シングルスの大本命として、最後のインターハイで目標の金メダルを獲得できるか。残る力を振り絞って、頂点を狙う。

◇インターハイのバドミントンは8月1日から8月5日まで熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集