[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

キリオスが密談か!? 観客との“Vサーブ作戦会議”に海外爆笑「これはコーチング?」

男子テニスのシティ・オープンは男子シングルス準決勝で世界ランク52位ニック・キリオス(オーストラリア)が同6位ステファノス・チチパス(ギリシャ)を6-4、3-6、7-6で破り、決勝進出。第1シードを撃破したが、勝利目前の珍行動で沸かせた。

決勝進出を果たしたニック・キリオス【写真:AP】
決勝進出を果たしたニック・キリオス【写真:AP】

チチパス撃破、マッチポイントでサーブを巡り観客に相談「ニックのコーチは全観客」

 男子テニスのシティ・オープンは男子シングルス準決勝で世界ランク52位ニック・キリオス(オーストラリア)が同6位ステファノス・チチパス(ギリシャ)を6-4、3-6、7-6で破り、決勝進出。第1シードを撃破したが、勝利目前の珍行動で沸かせた。マッチポイントで客席のファンとサーブを打つコースを巡って“密談”。直後に放ったサーブで崩し、試合を決めた。まさかのシーンをATP公式中継サイト「テニスTV」が動画付きで公開し、「これはコーチング?」など海外ファンの笑いを誘っている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 キリオスはどんな緊張もユーモアに変える。試合は最終セット、タイブレークにもつれこんだが、第1シードのチチパスに対し、マッチポイントを握ったのはキリオスだった。すると、驚きの行動に出る。何か思いついたかのように、自身後方の客席に駆け寄る。黒縁メガネの男性に話しかけ、互いに肩に手をやりながら、何やら声を交わす。うんうんと頷くキリオス。

 そして、吹っ切れた表情でコートに戻ると、キリオスは強烈なサーブでワイドを突いた。一気に崩すと前進し、強烈なスマッシュを炸裂。チチパスは一歩も動けず、試合を決めた。すると、キリオスは再び、一目散に先ほどの男性の元へ駆け寄り、がっちりと握手。よくやったといわんばかりに激しいアクションで男性を称え、チチパスとの握手に戻っていった。

 実は前の試合も同様の行動を見せていたが、ATP公式サイトによると、この日もどこにサーブを打つべきか質問したという。第1シードが相手で、最終セットのタイブレークでそんなことをやってしまうのだから、さすがだ。実際のシーンを「テニスTV」公式インスタグラムは「ニックのトリック」と題し、公開すると、海外ファンも大喜びでコメントを寄せている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集