[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

16歳の天才、堤麗斗が「4冠」達成 世界へ向けての通過点「タイトルは気にしてない」

全国高校総体(インターハイ)のボクシングは3日、宮崎市総合体育館で決勝が行われ、ライト級では“令和の怪物”堤麗斗(2年=千葉・習志野)が4-1の判定で藤原仁太(2年=大阪・興国)を破り優勝。連覇を達成し、4冠目を手にした。東京五輪の金メダル候補という偉大な兄を持つが、パリ五輪を見据える弟も高校世代に敵無しを証明。来年行われる世界ユースでの優勝を目標に掲げた。

4冠目を手にした“令和の怪物”堤麗斗【写真:荒川祐史】
4冠目を手にした“令和の怪物”堤麗斗【写真:荒川祐史】

インターハイボクシング、ライト級は堤が連覇で高校4冠

 全国高校総体(インターハイ)のボクシングは3日、宮崎市総合体育館で決勝が行われ、ライト級では“令和の怪物”堤麗斗(2年=千葉・習志野)が4-1の判定で藤原仁太(2年=大阪・興国)を破り優勝。連覇を達成し、4冠目を手にした。東京五輪の金メダル候補という偉大な兄を持つが、パリ五輪を見据える弟も高校世代に敵無しを証明。来年行われる世界ユースでの優勝を目標に掲げた。

 ここで立ち止まるわけにはいかない。堤は距離を詰めてくる相手に対し、やりづらさがあったのは間違いない。何度もがっちりと組まれるシーンもあるが、離れ際に的確にパンチを当てるなどし、試合を終始優位に運んだ。今大会で初めてフルマークではなかったが、貫録勝ちだった。

「決勝で気合が入っていて、少し空回りした。あんまり自分のボクシングをさせてもらえなかった。嬉しさは2割くらいです。決勝はいつも気持ちが入っちゃって……。今までダメな試合ばかり。まだまだだなと思います」。高校No.1を証明しても、満足とは程遠いのだから大物だ。

 4冠目についても「タイトルは気にしていない。満足するような成績じゃない」とさらり。1年のインターハイ、国体、選抜を制し、そして2度目のインターハイと、ここまで取れるタイトルはすべて手にしてきた。高校世代に敵はいない。見据えるのは世界との対決だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集