[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

16歳の天才、堤麗斗が「4冠」達成 世界へ向けての通過点「タイトルは気にしてない」

世界ユース制覇を目標に掲げる堤麗斗【写真:荒川祐史】
世界ユース制覇を目標に掲げる堤麗斗【写真:荒川祐史】

兄に続く世界ユースVが最大の目標

「世界ユースもアジアユースも、全日本選手権もあります」。兄の駿斗は4年前の世界ユースを日本人で史上初めて制した。麗斗も2年に一度、開催されるこの大会を目指している。

 過去には「獲れるタイトルは全部獲りたい」と誓っていた。プロで3階級制覇の井上尚弥(大橋)も高校生として全日本選手権で優勝。「そんなに余裕はなくて、いつ下から抜かれるのかって思っています」と危機感も口にするが、規格外のスケールを秘める堤なら、決して夢ではない目標だ。

 関茂峰和監督は今大会での収穫についてこう説明する。「5試合で長身のファイターもいた。カウンターパンチャーもいた。様々な相手と対戦して、思い通りにならない中でも勝ち切れる力がついた」。5日間で5戦という過酷なスケジュールをこなし、また一つ大きくなったことを確信している。

 3週間後には国体へ向けた予選がスタートする。「酷い筋肉痛とかでなければ、明日から動こうと思います」。優勝の余韻に浸ることなく、すぐに次へ向けて始動する。「誰も到達したことのない高み」を目指し、16歳の天才はリングに上がり続ける。

◇インターハイのボクシングは7月29日から8月3日までの熱戦が終了。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集