[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ふたば未来学園、涙の女子団体4連覇 鍵は“鬼”と化した主将の声「もっとできる!」

全国高校総体(インターハイ)のバドミントンは2日、熊本・八代トヨオカ地建アリーナで行われ、女子団体戦ではふたば未来学園(福島)が埼玉栄(埼玉)を3-1で下し、4連覇を達成した。「勝って当たり前」のプレッシャーをキャプテンの奮闘で乗り越えて栄冠をつかんだ。

優勝を決めたふたば未来学園、染谷(右)にチームメートが抱きつく【写真:荒川祐史】
優勝を決めたふたば未来学園、染谷(右)にチームメートが抱きつく【写真:荒川祐史】

選抜決勝で敗れた埼玉栄に雪辱、勝者のメンタルで乗り越えた4連覇

 全国高校総体(インターハイ)のバドミントンは2日、熊本・八代トヨオカ地建アリーナで行われ、女子団体戦ではふたば未来学園(福島)が埼玉栄(埼玉)を3-1で下し、4連覇を達成した。「勝って当たり前」のプレッシャーをキャプテンの奮闘で乗り越えて栄冠をつかんだ。

 主将の染谷菜々美(3年)が最後の得点を奪うと、ベンチから歓喜の悲鳴が上がった。春の全国選抜決勝で敗れた埼玉栄に勝利。4連覇を決めたキャプテンは「3連覇は先輩たちが成し遂げた結果。今年は今年で自分たちの勝負。自分たちで奪い取っていこうとやってきた」。抱き合って涙を流し、全員で喜びを分かち合った。

 選抜で埼玉栄に敗北後、染谷は心を鬼にした。「それまでも一生懸命やってきたつもりだけど、まだ足りない」。不足していたのはチーム力。一人が練習で思い通りにいかないと、全体の雰囲気が悪くなる。苦しいトレーニングでも声を掛け合わない。本多裕樹監督も「チームがバラバラにだった」と心配する時期があった。

 染谷は、周りがくじけそうになった時に「頑張って!」「もっとできるよ!」と前向きな言葉で積極的に声掛け。7月になっても「やっぱり今のままじゃ足りない。優勝できるチームになっていない」と危機感を感じ、声出しの練習にも取り組んだ。「小さい!」「もっと出して!」。主将の声が誰よりも響き渡り、呼応するように仲間がついてきた。この日の決勝のスタンドでは、準決勝で敗れた男子たちも応援に参加。大声援で会場の雰囲気を奪い取った。

 大会前には先輩たちが現役選手のグループLINEに加入。チームのために戦うことを説かれたなか、共通して言われたのは「最後なんだから楽しんでやってきな」だった。「(1ゲームを奪う)21点を獲るまで気を抜かない。勝ち方を先輩たちから教わっている」と指揮官。勝者のメンタルを植え付けられて大舞台に乗り込むと、ベンチ外のメンバーも飲み物の準備や荷物運びなどでサポートした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集