[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

冬の王者・福岡第一が4強 健闘の東山を終盤圧倒、前回覇者と激突へ「必ず優勝を」

終盤に東山を突き放す、河村「必ず優勝したい」

 それでも、福岡第一は留学生のスティーブがゴール下でブロックやリバウンドを連発して存在感を発揮。東山は、シュートまでは持ち込めていたが、松野圭恭(3年)や中川泰志(2年)のレイアップが落ちるなど、元々狙っていた「点の取り合い」(大澤徹也コーチ)での逆転ができなかった。最も点差が近付いたのは、第3ピリオド。福岡第一で献身的なプレーが目立っていた内尾聡理(3年)がベンチに退いた時間帯に、東山がペースアップ。米須が自ら切り込んで連続得点を挙げた。米須は「勢いのまま打つシュートが多くなっていたので、自分がやらなければダメだと大澤先生に言われた。ステップでしっかりと(身体が)止まった状態から打って、これでいいんだと思ったけど、最後まで続けられなかった」と手応えと同時に課題を感じさせられていた。

 第3ピリオドで一時3点差となり、第4ピリオドのスタート時も4点差でまだチャンスはあった。しかし、焦りが出始めた東山は徐々に攻撃の精度を欠き、福岡第一の速攻が生き始めた。東山はフリースローも入らず、最後の最後で引き離された。福岡第一の河村は「思っていたより、苦しめられた」と素直に認めたが、立ち止まる気はない。「インターハイは(控えだった)1年の時も、年代別日本代表の活動でいなかった昨年も、良い思い出がない。必ず優勝したい」と強い決意を示した。翌8月1日の準決勝で、福岡第一は、前回優勝の開志国際(新潟)と対戦する。

◇インターハイのバスケットボールは7月28日から8月2日まで熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集