[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

来年のインハイ目指して― 鹿児島城西の1年生女子マネージャーも「半端ない」

伝説のストライカーを輩出した強豪校は、女子マネージャーも半端なかった。鹿児島県の鹿児島城西高校男子サッカー部は、日本代表FW大迫勇也(ドイツ1部ブレーメン)の母校として知られる。在校時、全国高校選手権で歴代最多10得点の記録を打ち立て、対戦相手が試合後に「大迫、半端ないって」と泣きながら嘆いた話は、広く知られている。

鹿児島城西サッカー部を支える、女子マネージャーの横山こころさん【写真:平野貴也】
鹿児島城西サッカー部を支える、女子マネージャーの横山こころさん【写真:平野貴也】

大迫を生んだ鹿児島城西の1年生マネージャー奮闘記

 伝説のストライカーを輩出した強豪校は、女子マネージャーも半端なかった。鹿児島県の鹿児島城西高校男子サッカー部は、日本代表FW大迫勇也(ドイツ1部ブレーメン)の母校として知られる。在校時、全国高校選手権で歴代最多10得点の記録を打ち立て、対戦相手が試合後に「大迫、半端ないって」と泣きながら嘆いた話は、広く知られている。

 偉大な先輩の背中を追う現在の鹿児島城西サッカー部を支えるため、1人で奔走している女子マネージャーがいる。1年生の横山こころさんだ。鹿児島県予選で敗れ、インターハイには出られなかったが、未来の全国大会を目指して奮闘する姿にスポットライトを当てる。

「みんなに頼ってもらえるマネージャーになりたい。日々、選手をサポートできることが楽しいし、試合で点を決めてくれたときは、本当に嬉しい。でも、暑い日は水分の消費が多くて、大変」と少し恥ずかしそうに笑った。

 3年生の横山太陽は、兄。影響を受けて、小学生の頃は、自身もサッカーをプレーしていた。中学生の頃、兄が在籍する鹿児島城西高の試合を観に行き、テキパキと素早く仕事をこなしていたマネージャーの羽生梨々香さんに憧れ、城西高に入り、マネージャーを希望。今春、卒業した羽生さんと入れ替わるように入部した。

 名門校の男子サッカー部。女子マネージャーがたくさんいても不思議はないが、鹿児島城西では、常に必要最小限だ。入学時からマネージャーとして入部が認められる例は、少ないという。小川正子部長は「キャーキャー言われたくて入って来るような子では、チームの足を引っ張ってしまう。学校生活をしっかりとしている子でないと任せられない」と理由を話した。何より、鹿児島城西のマネージャー業は、大変だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集