[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

来年のインハイ目指して― 鹿児島城西の1年生女子マネージャーも「半端ない」

マネージャー経験者の小川部長「飲み込むのも早い」

「日々、選手をサポートできることが楽しい」と語った横山こころさん【写真:平野貴也】
「日々、選手をサポートできることが楽しい」と語った横山こころさん【写真:平野貴也】

 授業が終わると、学校からグラウンドまで5キロ弱の坂道を自転車で走るのが日課。片道で30分ほどかかるという。体育科の選手は、すでに練習を終えようとしているタイミングになる。到着したら、すぐに部員がシェーカーを提出しているかどうかをチェックする。練習後に選手が全員、プロテインを摂取できるように準備しなければならないからだ。終わったら、ピッチで給水しやすいように、ボトルの水を補充して回る。男子部員も手伝ってくれるが、1人で把握しなければいけないことが多い。新田祐輔監督は「指導スタッフが選手に対するのと同じように、小川部長が接しているので、マネージャーも鍛えられている」と笑う。

 学生時代に選手もマネージャーも経験している小川部長は、チームを支える大切なサポート役と認識しているからこそ「1年目は、教えながら。2年目は、自分で考えてもらいながら。3年目になったら、自分からチームのためになる提案をできるようにと思って接している。だから、マネージャーが上級生になる頃には、後輩の選手には、マネージャーはキャプテンと同じ。指示をよく聞きなさいと言っている」と、彼女たちの成長を重視している。

 試合の際も、マネージャーはベンチに入らず、あくまでも裏方だ。目立たないところで、しかし、テキパキと仕事をこなしてチームを支える大きな力となる。小川部長は「彼女はサッカー経験者だから、選手の動きが分かっているし、積極的に動いてくれる。教えたことを飲み込むのも早い」と期待の1年生マネージャーに視線を向けた。1人で多くをこなす「半端ない」仕事だが、彼女の成長もまたチームの進歩には欠かせないのだ。来年こそインターハイに――。そんな思いを胸に横山さんは走り続ける。

◇インターハイのサッカー男子は7月26日から8月1日まで熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「「インハイTV」」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集