[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【サッカー】阪南大高を勝利に導く2得点の主将 しかし指揮官が「ようわからんですね」と嘆くワケ

濱田監督が求めるのはさらに上のレベル

 3年生になって臨んだ1回戦、活躍したのは、後半になって右MFにポジションが変わってからだった。FWでは、なかなかパスを引き出せず、躍動できなかった。濱田監督は、目の前の局地的な打開力は評価済み。周りとの連係で長所をさらに生かすプレーを求めているが、その点で評価できなかったのだ。

 FWでゴール前にいれば、360度の方向から相手に寄せられる。しかし、サイドに張り出せば、相手が寄って来る角度は180度に限定され、フリーでボールを持って攻めるのに都合が良い。人数をかけて攻めるときや、狭いスペースしか与えられないときに、味方とどう連動して、良い状態でボールを持つか。サイドに張り出さなければ解決しないのでは、将来性が見込みない。

 だからこそ、濱田監督は「あれだけでは、頭打ち。あれを生かして、ほかをどうするか、大学で学んでほしい。同じことをやるチームでは、彼の幅が広がらない。今のうち(の勝利を目指しながらの育成)ではこれ以上広げられない。それができれば、次のステージが見えてくる子」と今後の進化に期待を寄せた。大きく成長するために、味方との連係を覚えろ――そんな期待があるから、ゴールシーンも気に入らなかったという。

「私は、外(でフリーになっている味方)にパスを出せと言ったんですけど。だから、決まっても、くそっ! 腹立つなあと思いましたね」

 チームとしての勝利を目指しながら、選手個々の成長を見越して指導をしなければならない。勝っただけでは喜べず、内容が良いだけでも喜べず。インターハイでは、育成年代の多くの指導者が、大変なタスクを負いながら、チームを率いている。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集