[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

春準Vの智弁和歌山が敗戦、常葉大菊川は“8割打者”奈良間が躍動…甲子園第3日の結果

第100回全国高等学校野球選手権記念大会は7日、大会第3日が行われた。

第100回全国高等学校野球選手権記念大会は大会第3日が行われた
第100回全国高等学校野球選手権記念大会は大会第3日が行われた

第3日は1回戦4試合、春準V智弁和歌山が姿消す

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会は7日、大会第3日が行われた。春準Vの智弁和歌山(和歌山)は近江(滋賀)との近畿対決。智弁和歌山は2点を先制したが、4回に近江・北村の2ランで追いつかれると、その後も一発攻勢で追加点を奪われ3-7で敗戦。春の雪辱はならなかった。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 常葉大菊川(静岡)は静岡大会で驚異の打率.818をマークした主将の奈良間が高校通算21号となるバックスクリーン弾を放つなど2安打2打点と躍動。益田東(島根)に5点のリードを一度はひっくり返されたが、終盤に逆転し8-7の乱打戦を制した。

 高岡商(富山)は4-1で佐賀商(佐賀)を破り、2008年以来10年ぶりの勝利。前橋育英(群馬)はエース恩田が完封一番乗りで近大付(南大阪)を2-0で破り、2回戦進出を決めた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集