[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 鬼肩ぶりは「現実離れ」!? カブス名手の“超送球”に米ファン仰天「信じられない」

鬼肩ぶりは「現実離れ」!? カブス名手の“超送球”に米ファン仰天「信じられない」

米大リーグ屈指の守備の名手が、またまた魅せた。カブスのハビアー・バエズ内野手が、本職ではない三塁で、三塁線の打球を好捕した後に鬼肩送球を披露した。

今シーズンは攻守ともに好調のハビアー・バエズ【写真:Getty Images】
今シーズンは攻守ともに好調のハビアー・バエズ【写真:Getty Images】

カブスのバエズが本職ではない三塁でスーパープレー披露

 米大リーグ屈指の守備の名手が、またまた魅せた。カブスのハビアー・バエズ内野手が、本職ではない三塁で、三塁線の打球を好捕した後に鬼肩送球を披露した。ファンの度肝を抜いたシーンをMLB公式インスタグラムが公開。「現実離れした肩の強さ」などと称賛の声が上がっている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 この選手に捕れない打球があるのか――。そう思えてくるほどの超人ぶりだ。6日(日本時間7日)のロイヤルズ戦。2回無死一塁の場面でボニファシオは三塁線へ鋭い打球を放った。並の三塁手なら抜ける……。しかし、そこはバエズだ。横っ飛びで好捕すると、すぐに立ち上がり糸を引くような送球を一塁へ。悠々とアウトにして見せた。

 定位置は二塁だが、遊撃を守っても、本職ではない三塁を守っても、高いクオリティの守備力を発揮する。MLBが公式インスタグラムで動画を公開すると、続々と称賛のコメントがつけられた。

「この強肩ぶり」
「バエズはどのポジションでも素晴らしい」
「ダイヤモンド上のどこでも規格外」
「バエズが三塁を守れば、彼はリーグで最も守備の優れた三塁手となる。ショートを守らせても、セカンドを守らせても同じ。信じられない守備力」
「現実離れした肩の強さ」
「球界で最もエキサイティングな選手」

 守備への賛辞だけでなく、「今年はMVPの可能性もあると思う」「MVP、間違いない!」などと好調の打撃面も含めて、際立つパフォーマンスには「MVP」の声も増えてきている。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー