[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ここにいる4人の仲間が「もう大好きです」 市船橋、日本一の絆が凝縮されたマイルリレーV

陸上の全国高校総体(インターハイ)最終日の第5日は7日、女子4×400メートルリレー決勝が行われ、市船橋(千葉)が3分44秒04で優勝した。中京大中京(愛知)が3分44秒97で2位、山形中央(山形)が3分45秒41で3位となった。

女子4×400メートルリレーで優勝した市船橋の(左から)篠原美咲、宮地利璃香、志水芹菜、佐藤葵唯【写真:荒川祐史】
女子4×400メートルリレーで優勝した市船橋の(左から)篠原美咲、宮地利璃香、志水芹菜、佐藤葵唯【写真:荒川祐史】

インターハイ陸上、篠原・宮地・志水・佐藤の4人で掴んだ1600mリレー日本一

 陸上の全国高校総体(インターハイ)最終日の第5日は7日、女子4×400メートルリレー決勝が行われ、市船橋(千葉)が3分44秒04で優勝した。中京大中京(愛知)が3分44秒97で2位、山形中央(山形)が3分45秒41で3位となった。

 市船橋カラーの緑の校旗の前に、この夏最高の笑顔が4つ並んだ。中京大中京、山形中央ら全国の強豪を抑え、マイルリレー優勝。「優勝するぞと決めていた。最後のマイルで1位を獲れて、本当にうれしいです」。アンカーを務めた佐藤葵唯(3年)が4人の感情を表現した。

 信じ合い、高め合う。市船橋の強さが凝縮された224秒だった。 

「絶対、私が1位で渡す」

 そう決めて、スタートラインに立ったのは3年生の1走・篠原美咲。個人400メートルで準決敗退、優勝を狙った4×100メートルリレーは2位。悔しかった。「絶対、マイルでは勝ってやろう」。強い想いを胸に、号砲から飛び出した。

 “イチフナ”だったから、強くなれた。「選手層が厚く、練習1本1本で互いに競り合って強くなれる高校」。日々の練習で成長できる。その3年間の集大成。7レーンから外をいく選手も抜かした。「今までで一番走れたんじゃないか」。堂々の1番で帰ってきた。

「夢の舞台が現実になった」

 2走の宮地利璃香(2年)は夢の中を駆けていた。中学の時は全国に行けず。「私にとっては夢のインターハイ」。その舞台を走れる喜びが力になった。篠原からバトンを受け、覚悟を決めた。「よし、行く!」。スタートから積極的に飛ばし、オープンレーンで先頭を取った。

 この陸上部の絆が大好きだった。誰かが苦しくて泣いていても「大丈夫だよ! 楽しんで!」と自然と声かけができる。「日本一のサポートをみんなしてくれる。感謝しかない」。そうして生まれた仲間への信頼感。1秒でも速く、このバトンを――。最後まで、勢いは落ちなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集