[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

天皇杯優勝J1神戸に続け― 神戸弘陵、4年ぶり16強で指揮官「勢いをもらえたら」

第98回全国高校サッカー選手権は2日、2回戦が首都圏8会場で行われた。ニッパツ三ツ沢スタジアムでは神戸弘陵(兵庫)が明秀日立(茨城)に3-2で勝利し、4年ぶりの16強入りを果たした。3日に行われる3回戦(等々力陸上競技場)では帝京長岡(新潟)と対戦する。

4年ぶり16強入りした神戸弘陵【写真:宮内宏哉】
4年ぶり16強入りした神戸弘陵【写真:宮内宏哉】

ヴィッセル神戸の優勝をTV観戦、沖吉の2ゴールなどで3回戦進出

 第98回全国高校サッカー選手権は2日、2回戦が首都圏8会場で行われた。ニッパツ三ツ沢スタジアムでは神戸弘陵(兵庫)が明秀日立(茨城)に3-2で勝利し、4年ぶりの16強入りを果たした。3日に行われる3回戦(等々力陸上競技場)では帝京長岡(新潟)と対戦する。

 猛追を振り切った。MF沖吉大夢(たいむ・3年)の2ゴールなどで試合を優勢に進めるも、後半は押し込まれる時間帯が生じた。後半アディショナルタイムに失点し、1点差とされるも逃げ切り。1回戦の秋田商戦も3-2で勝利しており、これで県予選から7試合連続で1点差勝ちとなった。谷純一監督は「今年らしくていいかなと。今日は2点差つけれるかなと思ったが……」と苦笑い。それでも「全国大会に楽な試合はない。凌いでものにできたのはチーム全体としての成長だと思う」と手ごたえを感じていた。

 元日に得たパワーをぶつけた。1日、地元・神戸を本拠地とするヴィッセル神戸が、国立競技場で行われた天皇杯決勝で鹿島アントラーズに2-0で勝利。神戸弘陵は練習後、宿舎の部屋に全員が集合し、令和初優勝の瞬間をTV観戦した。ヴィッセル神戸U15出身の主将・沖吉は「(天皇杯優勝が励みに)めちゃめちゃなってます。大好きなイニエスタ選手などもいるので、ファンとして応援していた」と身近なプロクラブの快挙に刺激を受けていた。

 天皇杯決勝は兵庫VS茨城だったが、偶然にもこの日の相手は茨城代表。“元日決戦”と同じく、神戸に勝利をもたらした。谷監督は「地元のJチーム。うちにもジュニア出身の子を送ってくれているので、応援して(ヴィッセル神戸が)勝って、勢いをもらえたらと思ってた」と感謝した。

 12月31日の1回戦・秋田商(秋田)との試合で、前半7分にFW吉田翔貴(3年)が肉離れで負傷離脱。この日はベンチに吉田の背番号11のユニホームを掲げて戦った。離脱は大きな痛手だが「まとまりは高まった」と谷監督は前を向く。ヴィッセルとの“神戸2冠”に向け、まずは26年ぶりの選手権8強入りを目指す。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集