[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜラグビーW杯は大成功したのか エディーHC独占激白「大きなテーマが1つあります」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で準優勝したイングランドを率いたエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)。2003年大会以来2度目の優勝こそならなかったが、イングランドにとっては自国開催で1次リーグ敗退に終わった2015年大会の悪夢を振り払う快進撃は、日本大会のハイライトだった。前回大会では日本代表のHCも務め“ブライトンの奇跡”を演出し史上初の大会3勝をもたらした、日本でもお馴染みの世界的名将が「THE ANSWER」の新春インタビューに登場。前後編でお届けする。

THE ANSWERの単独インタビューに応じたエディー氏【写真:小倉元司】
THE ANSWERの単独インタビューに応じたエディー氏【写真:小倉元司】

新春独占インタビュー前編―世界的名将が語る日本大会成功の理由

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で準優勝したイングランドを率いたエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)。2003年大会以来2度目の優勝こそならなかったが、イングランドにとっては自国開催で1次リーグ敗退に終わった2015年大会の悪夢を振り払う快進撃は、日本大会のハイライトだった。前回大会では日本代表のHCも務め“ブライトンの奇跡”を演出し史上初の大会3勝をもたらした、日本でもお馴染みの世界的名将が「THE ANSWER」の新春インタビューに登場。前後編でお届けする。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 前編はホスト国・日本の快進撃と、空前のフィーバーを呼んだ日本大会について。何が日本人ファンの胸を打ったのか――。“エディー流”で大会を総括してもらった。

 ◇ ◇ ◇

 列島をラグビー一色に染めた空前のフィーバー。格上と目されたアイルランド、スコットランドという、世界のトップ10として区分されるティア1勢を連破するなど、1次リーグで無傷の4連勝。日本はスポーツ史に残る快進撃で史上初の8強進出を決めた。恒例の流行語大賞にチームのスローガン「ONE TEAM」が選ばれるなど、まさに社会現象となった。

 前回大会で桜の戦士たちを率い、南アフリカを破る“ブライトンの奇跡”に導いたエディー氏にとっても、日本の快進撃は嬉しくもあり、また予想を上回るものだった。

「素晴らしかったです。すごくエキサイト、ワクワクしたし、うれしく思いました。大会が始まる前は、大会が求めている期待に応えられないかもしれないと、正直なところ少し心配をしていました。開幕戦のロシア戦ではあまりいいプレーができていませんでしたが、その試合の後、取り戻せたかと思います。アイルランドに勝てるとは思っていませんでしたが、本当に素晴らしいラグビーを見せてくれました。

 大きなテーマが一つあります。観客の皆さん、多くの外国人がジャパンのジャージを着ていたというのが見られましたよね。多くのファンにとってのお気に入りのチームになっただけではなく、本当の意味で『いいチーム』だと承認してくれました。また他国にとっても、しっかりと戦わなければならないと思われるチームになりました」

 ジャパンの戦いぶりで心を掴まれたのは、日本人だけではなかった。海外のラグビー好き達も、こぞって桜のジャージに袖を通し、声援を送った。日本のラグビーが観衆を魅了し、さらに他国からもリスペクトされるチームになったことにこそ、大きな価値があると強調した。

 ジェイミー・ジャパンはエディー氏が率いるイングランドと2018年11月に対戦。イングランドのトゥイッケナム競技場でのテストマッチでは、イングランドが35-15で快勝した。

 当時と比べての進化をエディー氏は「ディフェンスが良くなりました。そこが一番大きいですね。タックルの成功率も高く、ターンオーバーしてからのアタックも素晴らしかったです」と日本の攻守にスピーディーなラグビーを高く評価。さらに自身が指揮を執った2015年当時と比べても、目に見える大きな成長があったと言う。

「私がHCをやっていたときよりも、いいコーチングをしてくれていると思います。ディフェンスのシステムもいいものを作っていました。アタッキングキックも改善されました。特に2人の選手。福岡(堅樹)と松島(幸太朗)。2015年は若い選手だった。今回の大会では一貫性をもってプレーしていたし、プレーが成熟していました」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集