[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 「やっと戻ってきたね」 埼玉栄・佐藤千夏、800自で「安心7割」の大会新&2冠

「やっと戻ってきたね」 埼玉栄・佐藤千夏、800自で「安心7割」の大会新&2冠

全国高校総体(インターハイ)水泳第3日は19日、競泳女子800メートル自由形で佐藤千夏(3年=埼玉・埼玉栄)が8分36秒10で優勝。400メートルに続く2種目めの大会新で、2年ぶりの大会2冠を達成した。

インターハイ競泳決勝、“絶不調”も400自に続く大会新「最初の50mからキツかった」

 全国高校総体(インターハイ)水泳第3日は19日、競泳女子800メートル自由形で佐藤千夏(3年=埼玉・埼玉栄)が8分36秒10で優勝。400メートルに続く2種目めの大会新で、2年ぶりの大会2冠を達成した。

 死力を振り絞った。

 ラスト50メートル。佐藤はピッチを上げた。懸命に腕を動かし、最後の最後まで全力で泳ぎ切った。タイムは大会記録を0秒14更新する8分36秒10。400メートルに続く大会新で2冠を達成した。「最後はキツかった。でも、2年ぶりに2冠なのでうれしい」。1年生以来となるダブルタイトルにほっと胸をなで下ろした。

 “絶不調”だった。「最初の50メートルから感覚はキツかった。監督から(高校新の)タイムを狙っていけと言われていたけど、少し諦めてしまった部分がある」。それでも、懸命に粘った。中盤は隣を泳ぐ中村葵(1年=近大付)に体半分差でピタリとつかれたが、終盤に底力を発揮。ラスト50メートルは「大会記録を出すには振り絞るしかない」と気合で泳ぎ切った。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー