[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

福岡大大濠、3年ぶりインターハイV! 明成を1点差で撃破、4度目の夏の日本一

全国高校総体(インターハイ)は2日、男子バスケットボール決勝で福岡大大濠(福岡)が明成(宮城)を61-60で下し、3年ぶり4度目の優勝を果たした。

男子バスケ決勝、明成に61-60で逆転勝ち

 全国高校総体(インターハイ)は2日、男子バスケットボール決勝で福岡大大濠(福岡)が明成(宮城)を61-60で下し、3年ぶり4度目の優勝を果たした。

 序盤から攻勢に出たのは、明成だった。田中裕也(2年)が鮮やかな3点シュートを連発。第1ピリオドを16-9とリードすると、第2ピリオドもリードを守って前半を36-32で折り返した。

 しかし、後半に入ると、福岡大大濠が反撃に出る。お返しといわんばかりに3点シュートなどで加点。残り1分で47-47の同点に追いつき、残り10秒を切ったところで49-47と逆転。この日初めてリードを奪い、最終ピリオドに2点差で突入した。

 最終ピリオドも一進一退の攻防。展開が動いたのは、残り1分37秒。1年生・横地聖真が中央に切り込んでファウルをもらい、フリースローを冷静に2本沈めた。貴重な追加点で61-57と4点差とした。最後は1点差に迫られたが、逃げ切った。

 福岡大大濠は、U-19日本代表の中田嵩基(2年)、身長200センチのビッグマン井上宗一郎(3年)、リーダーシップのある永野聖汰(3年)らが中心となった。大会前は中田がU-19ワールドカップ(カイロ)の日本代表に選出され、2か月近くベストメンバーを組めなかったが、一戦ごとにたくましさを増して勝ち上がり、準決勝の帝京長岡(新潟)戦は4度の延長戦の末に撃破。苦しみ抜き、たどり着いたファイナルで、3年ぶりの戴冠を成し遂げた。

◇バスケットボール、いよいよ決勝戦 インターハイのバスケットボールは7月28日に男女で幕を開け、8月2日にともに決勝が行われた。なお、今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。全30競技の全試合をライブ配信し、インターネット上で観戦、応援が可能となった。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集