[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

3年ぶり2度目V目指す岐阜女子か、初優勝かける大阪薫英か― 勝負のカギは?

ウインターカップ2018第71回全国高校バスケットボール選手権大会は27日に第5日を行い、女子は、岐阜女子(岐阜)と大阪薫英(大阪)が決勝に進出した。

岐阜女子の主将を務める池田沙紀【写真:平野貴也】
岐阜女子の主将を務める池田沙紀【写真:平野貴也】

ウインターカップ女子決勝をプレビュー

 ウインターカップ2018第71回全国高校バスケットボール選手権大会は27日に第5日を行い、女子は、岐阜女子(岐阜)と大阪薫英(大阪)が決勝に進出した。

 岐阜女子は、準決勝で県立津幡(石川)に86-70で完勝。本来は主力のセネガル人留学生ハディ・ダフェ(2年)を決勝に向けて温存し、代わりに起用されたナイジェリア人留学生イベ・エスターチカンソ(1年)が26得点10リバウンドと活躍。主将を務める池田沙紀(3年)も18得点でチームをけん引した。安江満夫監督は「まだ攻撃に行けるところで行き切れていない。出来は60~70点」と表情を緩めず、決勝を見据えた。

 岐阜女子は、夏のインターハイで準優勝。あと一歩届かなかった日本一に、再び挑戦する。主将の池田は「あと一戦。夏にすごく悔しい思いをして、それを忘れずにやって来た。相手は3ポイントもあるし、ドライブのスピードもある。しっかりとディフェンスをやらないといけない。ただ、インサイドの高さは勝っていると思うので、そこを攻めたい」と決勝戦を見据えた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集