[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

福岡第一、2回戦屈指の好カードで29点差快勝 指揮官手応え「決勝戦のように戦えた」

県大会の決勝で破った福岡大大濠の強さも証明

 夏のインターハイは、年代別日本代表に招集された松崎、河村を欠いて初戦敗退。冬は、今季のチームの強さを見せられる唯一の大舞台だ。

 県予選の決勝で中田嵩基(福岡大大濠・3年)、全国大会初戦で吉田竜丸(東山・3年)と西福岡中の先輩2人を倒す形で勝ち進んでいる小川は「初戦からやりたくはなかったけど、先輩の分まで絶対に優勝するという気持ちはある。次に負けるようでは、先輩に対しても申し訳ない。チームとして日本一が目標なので、そこまで行きたい」と力強く語った。

 敗れた東山も力を見せたが、及ばず。吉田に今季のほかの対戦チームと比べて、福岡第一の強さをどう感じたかと聞くと「ダントツ」と即答した。福岡第一は、県予選で福岡大大濠との超強豪対決を制した際、大濠の強さを証明するために全国で圧倒すると指導者、選手が宣言。有言実行の1勝で前に駒を進めた。翌26日に行われるラウンド16では、井手口監督の教え子である原田裕作監督が率いる飛龍(静岡)と対戦する。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集