[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

立正大淞南が怒涛9ゴールで4強 2年生MF野田、殊勲3発も反省「もっと得点できた」

第100回全国高校サッカー選手権の島根県大会は、29日に準々決勝が行われ、松江市総合陸上競技場で行われた第1試合では、立正大淞南が9-1で松江東を破って準決勝進出を決めた。南健司監督は「悪い流れでも失点しないというのが、自分たちのスタイル。それなのに失点してしまったのは反省点。ただ、それでも思っていたよりはバタバタせずに戦えたので、その点は大したものだと思った」と、大勝したチームを評価した。

ハットトリックを決めた2年生MF野田叶【写真:平野貴也】
ハットトリックを決めた2年生MF野田叶【写真:平野貴也】

松江東を9-1で撃破、高校選手権島根県大会ベスト4進出

 第100回全国高校サッカー選手権の島根県大会は、29日に準々決勝が行われ、松江市総合陸上競技場で行われた第1試合では、立正大淞南が9-1で松江東を破って準決勝進出を決めた。南健司監督は「悪い流れでも失点しないというのが、自分たちのスタイル。それなのに失点してしまったのは反省点。ただ、それでも思っていたよりはバタバタせずに戦えたので、その点は大したものだと思った」と、大勝したチームを評価した。

 思わぬ失点からのスタートだった。開始4分、松江東の左DF中山恵太(2年)がゴール前へ蹴り込んだキックがロングシュートとなり、相手GKのミスを誘って先制。しかし、立正大淞南はすぐさま押し返すと、前半8分に左CKをDF東條史苑(3年)がヘディングで決めて同点に追いついた。さらに前半10分、FWで起用されたMF野田叶(2年)が左足のシュートを叩き込んで逆転すると、立て続けにゴールを奪い、前半だけで5得点。野田は前半24分、同33分と、ともに左MF根本蒼史(3年)の突破からのアシストを受けて得点し、ハットトリックを達成した。

 野田はスピードのあるレフティー(左利き)で突破力が魅力だが、前線での起用に応えて結果を出した。しかし、満足はしていない。この日の出場メンバーのうち、夏のインターハイでメンバー入りした選手は数名程度。翌日の準決勝以降に向けて温存された主力もいる状況で、エース格に名乗りを挙げるにはアピールが必要な立場にある。野田は「最初に失点して、ちょっと焦ったけど、2点目が自分で取れて落ち着くことができた」と勝利に貢献できたことについては喜んだが、「でも、もっと得点できるチャンスがあったので、徹底して頑張りたい。もっとAチームで試合に関わらないといけない。まだ攻守で軽いプレーをしてしまうところがあるので、そういうのをなくして、持ち味である縦への突破をもっと生かしたいし、もっと自分で試合を決められる選手になりたい」と課題も意識していた。

 試合は、後半も立正大淞南が押し込む展開が続いたが、PKのチャンスを外すなどリズムに乗り切れない部分もあった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集