[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

青森山田が16年ぶりV PK戦突入寸前、決勝弾のDF丸山「足が取れても決める気持ちで」

全国高校総体(インターハイ)のサッカー競技男子は22日にテクノポート福井総合公園スタジアムで決勝戦を行い、延長戦の末に青森山田高校(青森)が2-1の逆転で米子北高校(鳥取)を破り、2005年以来16年ぶり2度目の優勝を飾った。

男子サッカーは青森山田高校が優勝【写真:平野貴也】
男子サッカーは青森山田高校が優勝【写真:平野貴也】

全国高校総体・サッカー男子決勝

 全国高校総体(インターハイ)のサッカー競技男子は22日にテクノポート福井総合公園スタジアムで決勝戦を行い、延長戦の末に青森山田高校(青森)が2-1の逆転で米子北高校(鳥取)を破り、2005年以来16年ぶり2度目の優勝を飾った。

 準決勝まで5試合で28得点(1試合平均5.6得点)と驚異的な得点力を発揮し、1大会最多得点(26点)を更新してきた青森山田と、堅守をベースにロースコアで勝ち上がってきた米子北の戦い。先制パンチを見舞ったのは米子北だった。ロングパスで押し込み、高い位置から相手にプレッシャーをかけていった。青森山田は緊張感からクリアやパスのミスが目立ち、こぼれ球を拾われた。前半10分、米子北は、相手のミスで得たスローインで素早くプレーを再開し、FW福田秀人(2年)がドリブル。反応が遅れた青森山田DF三輪椋平(3年)にペナルティエリア内で倒されてPKを獲得佐野海舟(町田)の弟で主将のMF佐野航大(3年)がPKを決めて先制に成功した。

 青森山田は、今大会で初めてリードを奪われた。同点を狙って得意のサイドアタックで攻め込んだが、米子北は伝統の堅守でサイドに蓋をした。特に左DF海老沼慶士(3年)は、何度も相手を食い止め、ボールを奪った。また、青森山田のもう一つの武器であるロングスローを前半だけで10本投げ込まれたが、これも主将を務めるDF鈴木慎之介(3年)を中心に跳ね返した。しかし、この残像が後半に思わぬ展開をもたらした。米子北が1-0のリードで迎えた後半、青森山田はサイドからの速い攻撃に頼らず、中盤に人を集めてショートパスをつないで崩しにかかり、押し込むことに成功。セカンドボールを拾って二次攻撃につなげる場面が増えた。

 そして迎えた後半29分、青森山田は左サイドでスローインを得ると、ロングスローを投げるDF多久島良紀(2年)が意表をついてショートスロー。MF小原由敬(3年)がクロスを入れると、DF丸山がヘディングで合わせて同点とした。米子北のDF鈴木は「失点の場面はロングスローに対応しようとし過ぎて、ボールを見ていなくてショートで入れられた。そういう気の緩みが失点につながったと思う」と悔しがった。

 延長戦は、互いに選手交代を重ねる総力戦。青森山田が押し込み、米子北がカウンターを狙う展開で拮抗した。延長後半のアディショナルタイム、青森山田が得た左CKは、黒田剛監督が「相手ベンチがレフェリーに(残り時間を)ノータイムとアピールしていて、絶対にPK戦に持ち込ませたくなかった」と振り返った、ラストプレーになる可能性の高い場面だったが、MF藤森颯太(3年)が右足で蹴ったボールを「ここで決めれば勝ちだと思って、足が(疲れていたけど)取れても決めてやるという気持ちで」とニアサイドに飛び込んだDF丸山がヘディングシュート突き刺して、逆転。試合は再開せずにタイムアップとなり、青森山田が劇的な逆転で勝利をもぎ取った。

 中盤で守備もするボランチというポジションでありながら通算5得点で神村学園高校のU-18日本代表FW福田師王(2年)と並んで得点王となった青森山田のMF松木玖生(3年)は、1年次から主力だったが、高校選手権で2年連続準優勝とあと一歩でタイトルに届かず、ようやく達成した日本一に号泣。ベンチに戻ると、誰に言うでもなく、震えるように「ありがとう」とつぶやいた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集