[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ブカツ応援
  • 「テニスは私の一部」― 穂積絵莉の根底に息づく「直感」と「三大ビジョン」

「テニスは私の一部」― 穂積絵莉の根底に息づく「直感」と「三大ビジョン」

2017年全豪オープンで同大会日本人ペア史上初のベスト4入りを果たした穂積絵莉。彼女にとって、テニスとは――。穂積の答えは実にシンプルだ。

リオデジャネイロ五輪の出場経験を持つ穂積絵莉【写真:編集部】
リオデジャネイロ五輪の出場経験を持つ穂積絵莉【写真:編集部】

生涯テニスの虜…17年全豪OPダブルス4強・穂積の流儀

 とにかく楽しむ。

 2017年全豪オープンで同大会日本人ペア史上初のベスト4入りを果たした穂積絵莉。12年のプロ転向以降、19歳で全日本選手権の女子シングルス優勝、16年にはリオデジャネイロ五輪に出場した23歳は、自国開催となる20年の東京五輪でもメダル獲得が期待される1人である。

 そんな彼女にとって、テニスとは――。穂積の答えは実にシンプルだ。

「私の一部みたいなものです。テニスがなかったら今の自分はいないし、逆にテニスがあることで自分の人生が華やかになっている。本当にテニスが大好きなんです」

 プロの世界は常に結果が求められる。それゆえ、スランプに陥った時、故障した時……、楽しむのが簡単そうで難しくなることもある。しかし、穂積は常にありのままで、その心に迷いはない。高校1年生の時、ジュニアの全豪オープンに出場してプロを目指した時から、さらに遡れば3歳で初めてラケットを握った時から彼女はテニスの虜なのだ。

「今やりたいことをやる――。これまで、自分がどうしたいか、常に直感を大切にしてきました。テニスを始めた時も、誰に強制されるわけでもなく、ただ純粋にテニスが好きだから自分で選んだ。プロになりたいと思った時も、この先テニスで食べていけるのか、という不安は全くありませんでした。たくさんの人の前でプレーできる楽しさをまた味わいたい、その一心でしたね」

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー