[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

残り4.5秒の逆転劇 土浦日大、U-18主将・高原晟也が意地のドライブ「自分の感性」

指揮官が最後のタイムアウトでかけた言葉「『オレが高原だ!』と思うようなプレーを」

 そして、後半は要所で得意の3ポイントシュートを決めるなどエースとしての役割を果たし、最後は自分で勝負を決めてみせた。不調でも、相手が強くても、チームを勝たせるのがエースだ。高原は「後半途中までチームに迷惑をかけて来た。先生にも、仲間にも『最後は自分で決めろ』と言われたので、全部自分が決めるつもりでやった」とエースの矜持を示した。

 初戦の硬さ、相手の強さと難しい部分はたくさんあったが、エースの活躍で乗り切った。

 佐藤豊コーチは「高原のところに2人がかりで来るのは承知の上と言っていたが、ちょっと戸惑ってしまっていた。彼は彼で精一杯やってくれた。とにかく、相手は2人が5ファウル(で退場)をするくらいの覚悟で来るぞと言っていたし、実際に1人がファウルアウトになって、2人目にマークに来た選手も4ファウルだった。でも、それはもう当たり前の話。相手が最後のタイムアウトを取ったときに『オレが高原だ!』と思うようなプレーをやってくれと言った。そうしたら、すぐに(75-76から)3ポイントを決めてくれた。今日は宿舎に帰って褒めてやろうと思う」とエースを労った。

 25日に行われる2回戦では、シードの聖和学園(宮城)と対戦する。エースが調子を上げれば、41年ぶりの優勝が見えて来る。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集