[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「サッカー人生で一番悔しい負け」 連覇逃した青森山田、J内定の逸材2人が抱いた感情

第98回全国高校サッカー選手権の決勝が13日、埼玉スタジアム2〇〇2で行われ、静岡学園(静岡)が青森山田(青森)に3-2で勝利。両校優勝だった1995年以来、24年ぶり2度目の優勝を手にした。青森山田は2点をリードしながら逆転負けで史上9校目の連覇はならず。試合後、Jクラブ内定のMF武田英寿(浦和・3年)、MF古宿理久(横浜FC・3年)は敗戦を受け止め、プロでの活躍を誓った。

青森山田の武田英寿(左)と古宿理久【写真:荒川祐史】
青森山田の武田英寿(左)と古宿理久【写真:荒川祐史】

MF武田英寿が浦和、MF古宿理久が横浜FC内定

 第98回全国高校サッカー選手権の決勝が13日、埼玉スタジアム2〇〇2で行われ、静岡学園(静岡)が青森山田(青森)に3-2で勝利。両校優勝だった1995年以来、24年ぶり2度目の優勝を手にした。青森山田は2点をリードしながら逆転負けで史上9校目の連覇はならず。試合後、Jクラブ内定のMF武田英寿(浦和・3年)、MF古宿理久(横浜FC・3年)は敗戦を受け止め、プロでの活躍を誓った。

 DF藤原優大(2年)、MF武田英寿(3年)が得点を決め、一時は2-0とリードした展開から、まさかの逆転負け。前半アディショナルタイムにセットプレーから失点し、相手に勢いを与えてしまった。後半16分、終了間際の40分に失点。手にしかけていた栄冠をつかめなかった。

 PKで2点目を決めた主将の武田は、優勝した高円宮U-18プレミアリーグなどでも、2-0の展開から逆転、同点とされたことが多かったと振り返った。「試合中も声を掛け合っていた。『2-0からだぞ』とコーチングは全体で出してやっていたが……」とうなだれた。「(静岡学園には)自分たちがやらなきゃいけないことをやられてしまった。自分たち次第で結果は変わったかなと思う」と史上9校目の連覇を目前で逃した悔しさも口にした。

 FKで先制点をアシストした古宿は「前半の(ラスト)1分で失点したのはデカかった」と、前半アディショナルタイムで失点したことで、後半に向けて相手を勢いづかせてしまったことに言及した。ドリブルで積極的に仕掛けてくる静学イレブンに対し「前半よりも後半の方が相手の体が動けていた。自分たちも粘り強くついていこうと思ったが、90分間継続ということができなかったのが、今日の敗因かなと思う」と話した。

 2人とも、卒業後はJ1のクラブに入団する。「これまでのサッカー人生で一番悔しい、そういう負けなのだと思う。ずっと勝ち続けられるように努力したい」と武田。この経験を無駄にはしないつもりだ。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集