[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カーリング日本の「ナイッス~!」が流行中 大一番の米国戦、得点時にSNSでもかけ声

北京五輪は16日、カーリング女子日本代表(ロコ・ソラーレ)が米国と激突した。1次リーグは残り2試合となり準決勝進出に向けた大一番。序盤にリードを奪う展開に、SNS上では「ナイッス~!」の声が多く上がっている。

米国と対戦するカーリング女子日本代表【写真:Getty Images】
米国と対戦するカーリング女子日本代表【写真:Getty Images】

北京五輪カーリング女子

 北京五輪は16日、カーリング女子日本代表(ロコ・ソラーレ)が米国と激突した。1次リーグは残り2試合となり準決勝進出に向けた大一番。序盤にリードを奪う展開に、SNS上では「ナイッス~!」の声が多く上がっている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 日本は主導権を握った。第1エンド(E)に1点を選手。不利な先攻となった第2Eは、米国が最終投をハウス内に入れることができず、大量3点をスチール(先攻での得点)した。序盤で4点リード。日本は好ショットを見せるたびに「ナイッス~!」とかけ声。藤澤五月、吉田知那美らがハイタッチを交わし、笑顔を見せた。

 優勢の展開にSNSは盛り上がっている。ツイッターでは得点を奪ったタイミングで「3点スチール!! ナイッス~!」「ナイッスゥ~」「ナイッスー♪」「先攻で3点ナイッスぅー」と流行中。中には「彼女達の『ナイッス』とか普通の会話聞いてるだけでホッコリする」といったツイートも投稿されている。

 銅メダルを獲得した前回平昌五輪は「そだねー」が新語・流行語大賞に選ばれた。試合中の声が中継に聞こえるのも競技の魅力の一つ。今回も何か流行るのか。日本は第4Eを終えて6-2とし、「藤澤さんナイッス~」「さっちゃんナイッス~!」の声が上がった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集