[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

15歳ワリエワ、首位発進に海外意見様々「出場すべきでない」「コーチ陣から離すべき」

北京五輪は15日、フィギュアスケートの女子ショートプログラム(SP)が行われ、15歳カミラ・ワリエワ(ROC)は82.16点、1位発進した。昨年12月のドーピング検査で陽性反応を示していたが、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が今大会の出場継続を認めて演技。世界的に物議と混乱を呼んでいた中、金メダル最有力候補が滑り切った。海外記者からは様々な反応が上がっている。

フィギュアスケート女子SPを滑り終え、涙を拭うカミラ・ワリエワ【写真:AP】
フィギュアスケート女子SPを滑り終え、涙を拭うカミラ・ワリエワ【写真:AP】

北京五輪フィギュアスケート女子SP

 北京五輪は15日、フィギュアスケートの女子ショートプログラム(SP)が行われ、15歳カミラ・ワリエワ(ROC)は82.16点、1位発進した。昨年12月のドーピング検査で陽性反応を示していたが、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が今大会の出場継続を認めて演技。世界的に物議と混乱を呼んでいた中、金メダル最有力候補が滑り切った。海外記者からは様々な反応が上がっている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 淡い紫の衣装でリンクに現れたワリエワは、冒頭の3回転アクセルは着氷が乱れたが、続く3回転フリップは決めた。両手を上げて着氷。コンビネーションスピンを挟み、後半に高難度の3回転ルッツー3回転トウループを決めると拍手を浴びた。ジャンプだけではなく、ステップ、スピンも高い技術を披露。滑り終えると感極まり、涙を拭った。

 演技後、海外メディアはツイッターで続々と速報。米紙「USAトゥデー」のコラムニスト、クリスティン・ブレナン氏は「カミラ・ワリエワが3回転アクセルで大きなミス。そして全体的に安定しないパフォーマンスだった。最後には氷上を去る際に涙も。それでも首位。もちろん、彼女は出場するべきではなかった」とつづった。

 ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイド・スケーティング」公式ツイッターは、「私たちが言いたいことは、この才能あふれるスケーターを現在のコーチ陣から離すべきということ」と投稿。「彼女をケアし、最初から始め直すチャンスを与えること。彼女は信じられないほどの才能に恵まれているのだから」と記した。

 英衛星放送局「スカイ・ニュース」のトム・パーメンター氏は「カミラ・ワリエワが良い得点で首位に。彼女の才能を否定するわけではないが、彼女の以前に比べれば完璧ではない」と演技内容に触れた。

 アンナ・シェルバコワ(ROC)が80.20点の2位、坂本花織は自己ベスト79.84点の3位と好発進した。アレクサンドラ・トルソワ(ROC)は74.60点の4位。樋口新葉は73.51点の5位、河辺愛菜62.69点の15位とした。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集