[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ワリエワの出場許可 米五輪委員会は失望の声明「クリーンスポーツ軽視の新たな章だ」

北京五輪・フィギュアスケート女子シングルの金メダル候補カミラ・ワリエワは、ドーピング検査で禁止薬物が検出されたことで出場可否が注目されていたが、スポーツ仲裁裁判所(CAS)はロシア反ドーピング機関(RUSADA)が出場資格の停止を解除したのは妥当との裁定。これにより、ワリエワの個人戦出場が認められることとなった。発表後、米国の五輪委員会は声明を発表。「これはロシアによって組織的に充満するクリーンスポーツの軽視の新たな章です」などと失望を伝えている。

北京五輪・フィギュアスケート団体戦女子ショートプログラムで1位となったカミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】
北京五輪・フィギュアスケート団体戦女子ショートプログラムで1位となったカミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】

ドーピング騒動のワリエワ、15日の女子SPは出場可能に

 北京五輪・フィギュアスケート女子シングルの金メダル候補カミラ・ワリエワは、ドーピング検査で禁止薬物が検出されたことで出場可否が注目されていたが、スポーツ仲裁裁判所(CAS)はロシア反ドーピング機関(RUSADA)が出場資格の停止を解除したのは妥当との裁定。これにより、ワリエワの個人戦出場が認められることとなった。発表後、米国の五輪委員会は声明を発表。「これはロシアによって組織的に充満するクリーンスポーツの軽視の新たな章です」などと失望を伝えている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 団体戦で金メダルに貢献したワリエワは、昨年12月のロシア選手権で採取された検体から禁止薬物トリメタジジンが検出。ドーピング検査を管轄する国際検査機関(ITA)が11日に発表していた。国際オリンピック委員会(IOC)は、ワリエワの資格停止処分を解除したRUSADAの決定を不服としてCASに提訴していた。

 ワリエワの15歳という年齢が保護対象であること、出場が認められなかった場合は甚大な損害を与えてしまうことなどを考慮した結果、今回は個人戦出場を認めることになったという。女子シングルは15日にショートプログラム(SP)が行われる。

 これを受け、米国五輪委員会(USOPC)のニュースツイッターは、USOPCのCEOサラ・ハーシュランドの名前で声明を発表した。

 投稿された画像内の文章では「我々はこの決断が送るメッセージに落胆しています。スポーツの品位を守り、アスリートとコーチ、全ての関係者を最高水準に保つのはIOCの集団的責任です。アスリートは公平な競争の場で競い合っていることを知る権利があります。残念ながら、今日その権利が否定されました。これはロシアによって組織的に充満するクリーンスポーツの軽視の新たな章です」と失望が記されている。

 そして「我々は、この件が終結したわけではないことは知っています。オリンピック・ムーブメントの皆さんが、世界のアスリートの代表としてクリーンなスポーツのために戦うよう呼びかけます」と、クリーンなスポーツの在り方を訴えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集