[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

15歳ワリエワに母国ロシアも衝撃 メドベージェワ「SPで90点は…完全に歴史的です」

北京五輪は6日、フィギュアスケート団体戦4種目の女子ショートプログラム(SP)が行われ、ロシアオリンピック委員会(ROC)のカミラ・ワリエワが自身が持つ世界歴代最高得点(90.45点)に迫る90.18点をマーク。この種目で1位となった。2位は74.73点だった日本の樋口新葉。衝撃の五輪デビューにロシア国内にも驚きが走っている。

フィギュアスケートの団体戦女子SPで90.18点をマークしたカミラ・ワリエワ【写真:AP】
フィギュアスケートの団体戦女子SPで90.18点をマークしたカミラ・ワリエワ【写真:AP】

世界最高に迫る圧巻の五輪デビュー、ロシアのフィギュア界から驚きの声

 北京五輪は6日、フィギュアスケート団体戦4種目の女子ショートプログラム(SP)が行われ、ロシアオリンピック委員会(ROC)のカミラ・ワリエワが自身が持つ世界歴代最高得点(90.45点)に迫る90.18点をマーク。この種目で1位となった。2位は74.73点だった日本の樋口新葉。衝撃の五輪デビューにロシア国内にも驚きが走っている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ロシアの最高傑作が、そう呼ばれる理由を示した。ワリエワは冒頭の3回転アクセル、続く3回転フリップも両手上げで余裕を持って着氷。後半には高難度の3回転ルッツ―3回転トウループを決めるなど、ミスのない演技を披露した。ステップ、スピンも含め、高い技術を発揮。滑り終えると、あどけない笑みをこぼしたが、15歳とは思えない完成度だった。

「絶望」の異名を取り、シングルでも金メダル最有力のワリエワ。ロシアにも衝撃が走った。ロシア紙「スポルトエクスプレス」は平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワのインスタグラムのコメントを紹介し、「カミラは完全に最大限をやりました。私が昨日言ったように、もし彼女がクリーンに滑り切ったら、彼女に匹敵する者はいません。そして、そうなりました。SPで90点は……完全に歴史的です」と絶賛したという。

 自身が平昌五輪に出場した際は81.61点でSP2位。「カミラ、あなたはとても偉い。私たちはみんな、あなたのことをとても強く心配していたのよ」と労ったという。

 また、ソルトレイクシティ五輪金メダリストのアレクセイ・ヤグディン氏は同紙の取材に対し、「再び世界記録に肉薄した。カミラの滑りをどのように評価すればいいのでしょう。もちろん、これは間違いなく華麗な滑りでした。彼女はすべてを正確に、優美に、とても自信を持って実施しました。ブラボー、カミラ!」と語り、感嘆した様子だった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集