[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ザギトワ&メドベージェワはどこへ行った? 平昌五輪で日本人の心も掴んだ2人の今

4日に開幕した北京五輪。日本でも人気の高いフィギュアスケートは前回の平昌五輪、男子は羽生結弦(ANA)が連覇を達成し、女子は15歳のアリーナ・ザギトワが金メダル、18歳のエフゲニア・メドベージェワが銀メダル。ロシア勢が1、2位を独占し、日本でも人気を博した。4年に一度の五輪だから見る層も多いが、そうしたファンは今大会2人が代表メンバーにすら選ばれていないことに気づく。いったい、どうしたのか。

エフゲニア・メドベージェワ(左)とアリーナ・ザギトワ(写真は2018年)【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ(左)とアリーナ・ザギトワ(写真は2018年)【写真:Getty Images】

4年に一度の五輪だから見るファンの疑問「2人はどこへ行った?」

 4日に開幕した北京五輪。日本でも人気の高いフィギュアスケートは前回の平昌五輪、男子は羽生結弦(ANA)が連覇を達成し、女子は15歳のアリーナ・ザギトワが金メダル、18歳のエフゲニア・メドベージェワが銀メダル。ロシア勢が1、2位を独占し、日本でも人気を博した。4年に一度の五輪だから見る層も多いが、そうしたファンは今大会2人が代表メンバーにすら選ばれていないことに気づく。いったい、どうしたのか。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ともに激動の4年間を過ごした。まずは金メダルを獲得したザギトワ。平昌五輪後の5月に秋田県などから秋田犬が贈られ、メス犬に「マサル」の名前をつけ、日本人にも人気が急上昇。18-19年シーズンはグランプリ(GP)シリーズ連勝、世界選手権で優勝し、史上最年少でスーパースラム(ジュニア&シニアの主要国際大会すべて優勝)も達成。健在ぶりを見せつけたが、17歳で迎えた翌19-20年シーズンになると暗転した。GPシリーズ2戦は2、3位と優勝を逃し、同シリーズ上位6選手が戦う12月のGPファイナルに進出するもまさかの最下位。これが、現在まで最後の公式戦出場となった。

 一方、日本のアニメ「セーラームーン」好きで知られるメドベージェワは平昌五輪後の世界選手権は怪我もあり欠場。恩師であるエテリ・トゥトベリーゼ氏(ロシア)と決別し、ブライアン・オーサー氏(カナダ)のもとに移籍し、世界に衝撃が走った。しかし、18-19年シーズンではGPシリーズ2戦は3、4位。世界選手権で3位に入ったものの、翌シーズンは5、2位と精彩を欠き、休養に入った。2020年9月にトゥトベリーゼ氏の下に復帰したものの、故障に新型コロナウイルス感染もあり、結局、競技会に立つことはできず、ロシア代表選考の遡上にも上がらなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集