[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュア選手の親って大変? 「お金がかかる」と言われる競技、コーチ料の相場は…

苦労が多いからこそ大きい喜び「風を切る感覚を知ると楽しくなる」

 トップ選手になれば、活躍の世界は日本を飛び出す。保護者にとっても喜びは大きく、選手に付いてサポートする人も多い。

「私の母も現役時代はほぼ全ての大会に来てくれました。リンクサイドに先生がいるのもすごく心強いですが、海外の土地で外国の方が埋め尽くした観客席の中で身内・親族が1人でもいるだけでも個人競技であるフィギュアスケートは心の支えになる。そういう面でも大きかったなと思います」

 五輪になると「子供にもスケートをやらせてみたい」と考える保護者も少なくない。今大会で羽生結弦や坂本花織に憧れた子供もいるだろう。苦労が多いからこそ、やりがいと魅力がある競技。

「スケートは上達していくとやっぱり楽しい。最初はできなくても、とにかく楽しむこと。私は一つ一つ、できなかった技ができていくことが楽しみに変わっていきました。そうした成功体験を多くの子供たちに味わってほしい。

 さらに、フィギュアスケートならではの風を切る感覚が身についてくると、もっともっと楽しくなると思います。そして、お父さんお母さんもそんな風にお子さんが滑る姿を見て、一緒に競技と成長を楽しんでほしいです」

 中野さんはフィギュアスケートがさらに多くの人に愛される競技になることを願っている。

(THE ANSWER編集部)

1 2

中野 友加里

THE ANSWERスペシャリスト フィギュアスケート解説者

1985年8月25日生まれ。愛知県出身。3歳からスケートを始める。現役時代は女子史上3人目の3回転アクセル成功。スピンを得意として国際的に高い評価を受け、「世界一のドーナツスピン」とも言われた。05年NHK杯優勝、GPファイナル3位、08年世界選手権4位など国際舞台でも活躍。全日本選手権は表彰台を3度経験。10年に現役引退後、フジテレビに入社。スポーツ番組のディレクターとして数々の競技を取材し、19年3月に退社。現在は講演活動を行うほか、審判員としても活動。15年に一般男性と結婚し、2児の母。YouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」も人気を集めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集