[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

瀬戸大也、ライバル不在も貫いた「攻める姿勢」 ゴールの瞬間は「やっと終わった~」

五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳は、最終日(28日)の男子400メートル個人メドレー決勝で、前回大会銅メダルの瀬戸大也(ANA)が4分8秒95で金メダルを獲得した。24日の200メートルバタフライ銀メダル、25日の200メートル個人メドレー金メダルに続く、今大会3つ目のメダルで、優勝者に与えられる東京五輪出場権を得た。

瀬戸大也【写真:Getty Images】
瀬戸大也【写真:Getty Images】

レース後一問一答「来年を見据えて、積極的に攻める姿勢を貫こうと」

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳は、最終日(28日)の男子400メートル個人メドレー決勝で、前回大会銅メダルの瀬戸大也(ANA)が4分8秒95で金メダルを獲得した。24日の200メートルバタフライ銀メダル、25日の200メートル個人メドレー金メダルに続く、今大会3つ目のメダルで、優勝者に与えられる東京五輪出場権を得た。

 レース後の主な一問一答は以下の通り。

――最高の結果になった。

「死ぬかと思いました(笑)。でも、チェイス(・カリシュ)が抜けた(予選敗退した)ことで必ず金を獲るために前半はタメようかと思ったけど、来年を見据えて、積極的に攻める姿勢を貫こうと思った。バッテバテの後半だったけど、最低でも金メダルを獲れたので、頑張ったご褒美かなと思います」

――どのあたりからバテたのか。

「ブレストの後半くらいから。ラストの自由形で抜けていて気が緩んだのと(体力的に)バテたのもあった。後半きつくなっているので、今回、2つ内定を頂けたのはラッキーだと思って、これから辞めたくなるくらいトレーニング積めていたら、来年もいい結果が待っていると思う」

――追い上げた2位は見えていたか。

「来ると思っていた。ただ、ラスト15メートルでぐわーっと来たので『やめてくれ』と思いながら(笑)。勝てて良かったです。ただ、タイムも出したかったので、もう一回、自分に活を入れて、しっかり頑張りたい」

――カリシュ敗退でライバル不在のレース。

「難しさはなかったけど、葛藤で確実に金を獲るレースが少し頭をよぎったのは、まだまだ甘いところ。でも、来年を見据えて積極的にいく姿勢を変えず、ビビらずにやれたのは良かった」

――ゴールの瞬間の気持ちは。

「『やっと、終わった~』でした。優勝というより、この夏が終わったというか。この1年間が相当しんどかったので。でも、まだまだ見える課題、やれることは山のようにあるので、1年間で崩していけば、来年もいい結果が見える。何が何でもという強い気持ちでもってやれたら」

――今大会を終えて。

「この決勝が終わるまでは100点だったけど、これがダメだったので80点くらい。メインの400メートルで結果を残したかったので、やっぱり気持ちが甘いなと思った」

――家族のサポートもあった。

「1年前に2種目も内定を決められたのは、家族に頑張っている姿を一番に届けたい、その家族も増え、そういう中で戦った世界水泳。2年前と去年のパンパシ水泳に比べると、スイッチの入り方が倍になっているので感謝したい」

――大橋も銅メダルを獲った。

「女子、男子ともにキャプテンがメダルを獲れて、自分は内定2つ頂けたことに感謝。しっかりと次の1年間も頑張りたい」

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集