[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大橋悠依 400個メで銅! 涙の失格から6日… 復活の泳ぎで日本人21年ぶり表彰台

五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳は、最終日(28日)の女子400メートル個人メドレー決勝で大橋悠依(イトマン東進)が4分32秒33で銅メダルを獲得した。22日の200メートル個人メドレー決勝では、まさかの失格で涙。気持ちを切り替え、日本人では1998年田島寧子の銅メダル以来となる21年ぶりの表彰台となった。

大橋悠依【写真:Getty Images】
大橋悠依【写真:Getty Images】

200m個人メドレーを泳法違反で失格、田島寧子以来21年ぶり日本人表彰台

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳は、最終日(28日)の女子400メートル個人メドレー決勝で大橋悠依(イトマン東進)が4分32秒33で銅メダルを獲得した。22日の200メートル個人メドレー決勝では、まさかの失格で涙。気持ちを切り替え、日本人では1998年田島寧子の銅メダル以来となる21年ぶりの表彰台となった。

 前回銀メダルを獲得した200メートル個人メドレー決勝で、背泳ぎから平泳ぎのターン直後に通常1回のドルフィンキックを2回したとされる泳法違反で失格となり、記録が残らなかった。メダルを期待されながらも、タイムも実質6位に終わって涙。リベンジを目指した最終種目は、4分37秒23の全体2位で予選を通過していた。

 予選を終え「すぐに立ち直ることはできなかったし、失格に関しては実感がなかった。この5日間は気持ちがヘロヘロしていたので、今回は予選落ちもあると思って、しっかり泳ぎました。もちろん、メダルを獲りたいけど、やってきたことを出し切ること。現状でできることをやりたい」と話していた。

 指導を受ける日本代表・平井伯昌ヘッドコーチにも「これで立ち直ったら大したもんだ」と言われて臨んだ大会ラストレース。最後に復活した女子エースは、東京五輪もチームを牽引していく。

(THE ANSWER編集部)

インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集