[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

地元・韓国勢は不振 決勝進出者はわずか1人…現地紙嘆き「また元のレベルに後退」

五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州)の競泳は、第5日(25日)の男子200メートル個人メドレー決勝で、瀬戸大也(ANA)が自己ベスト更新の1分56秒14で金メダルを獲得。今大会の日本勢初優勝で、東京五輪内定1号となった。一方で現地の韓国メディアは自国の不振を嘆いている。

決勝に進出した女子個人メドレー200mのキム・ソヨン【写真:Getty Images】
決勝に進出した女子個人メドレー200mのキム・ソヨン【写真:Getty Images】

韓国勢は4大会連続メダルなし危機、地元紙もがっくり

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州)の競泳は、第5日(25日)の男子200メートル個人メドレー決勝で、瀬戸大也(ANA)が自己ベスト更新の1分56秒14で金メダルを獲得。今大会の日本勢初優勝で、東京五輪内定1号となった。一方で現地の韓国メディアは自国の不振を嘆いている。

 瀬戸がエースの貫録を見せた。最初のバタフライの50メートルは2位で折り返すと、背泳ぎでトップに。平泳ぎを終えると後続を一気に引き離した。ラストは2位以下に追い詰められそうになったが、大歓声の中でライバルたちを振り切った。連日の表彰台で今度は頂点に立ち、ゴール後には日本チームのいるスタンドに向かって雄叫びを挙げた。

 同種目での初のメダルが金メダル。これは2017年大会で金メダル0に終わった、日本にとっても2大会ぶりの栄誉だ。

 一方で地元開催の韓国勢は不振だ。地元紙「スポーツ京郷」は大会4日目までの結果を振り返り嘆いている。

「韓国水泳はパク・テファンが抜けて、また元のレベルに後退した。決勝進出したのは女子個人メドレー200mのキム・ソヨン(6位)ただ一人である」と言及。メダルはおろか、決勝進出者すらいない状況を伝えている。

 世界水泳でのメダルは2011年の朴泰桓(パク・テファン)の金メダルが最後。以降の3大会はメダルがなく、今大会も苦戦が続いている。5日目も新たな決勝進出者は生まれなかった。

 現地では韓国ファンが盛り上がりを欠き、スタンドを埋めるために“偽サポーターズ”をお金を払って動員していることも伝えられている。残りは3日間、表彰台に上がり、ファンから大声援を受ける選手は現れるだろうか。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集