[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

スタンフォード大、イェール大など 海外トップアスリートが一流大学を進路に選べる理由

競泳の元五輪代表選手で、昨年から一般社団法人「SDGs in Sports」代表としてスポーツ界の多様性やSDGs推進の活動をしている井本直歩子さん【写真:回里純子】
競泳の元五輪代表選手で、昨年から一般社団法人「SDGs in Sports」代表としてスポーツ界の多様性やSDGs推進の活動をしている井本直歩子さん【写真:回里純子】

ビジネスに生かせるアスリートの5つの特徴とは

井本「なるほど。起業家精神と言うのは、何をするにも大切だということですね」

佐々木「そうです。さらに、『起業家精神』というのは、財政面のことだけではないんです。アスリートが競技を通して学んできたことをビジネスに転換させるときに、私たちは5つの特徴を大事にしています。その5つというのは『自信』『ひたむきさ』『情熱と熱意』『リーダーシップ』『立ち直る力(レジリエンス)』。

 これらはアスリートとして当たり前のように身についていたことで、これをいかにビジネスに転換できるかが重要となります。WABNではワークショップやメンタリングを通して、それを促すことに注力しています」

井本 「なるほど。アスリートたちがその5つの特徴の中で、自分たちのキャリアの転換期に、強みや弱点に気づき、ビジネスでも役立てられる強さに転換させる。スポーツでの経験とビジネスを結ぶための橋渡しをしているということですね」

【前編】企業女性リーダー400人の94%が元アスリート 女子選手の起業家育成支援にEYが関わるワケ

【後編】引退後に起業&ビジネス挑戦を目指す女性アスリートに必要なスキルセットとは

■佐々木・ジャネル

 米カリフォルニア州出身。EY Japanのピープル・アドバイザリー・サービスのコンサルタントとして、グローバル企業にブランディング・人事ソリューションを提供。ダイバーシティ、エクイティ&インクルーシブネス(DE&I)、グローバル人材管理、働き方改革に重点的に取り組む。女性アスリートのビジネス分野への挑戦やキャリア・トランジションのサポートを行う、EYのグローバルが創設したプログラム、WABN(Women Athletes Business Network)のリーダー及び、日本プログラムのディレクターを務め、女性アスリートと女性起業家を積極的に支援。自身も体操競技を13年間以上続けた。

■井本 直歩子

 東京都出身。3歳から水泳を始める。近大附中2年時、1990年北京アジア大会に最年少で出場し、50m自由形で銅メダルを獲得。1994年広島アジア大会では同種目で優勝する。1996年、アトランタ五輪4×200mリレーで4位入賞。2000年シドニー五輪代表選考会で落選し、現役引退。スポーツライター、参議院議員の秘書を務めた後、国際協力機構(JICA)を経て、2007年から国連児童基金(ユニセフ)職員となる。JICAではシエラレオネ、ルワンダなどで平和構築支援に、ユニセフではスリランカ、ハイチ、フィリピン、マリ、ギリシャで教育支援に従事。2021年1月、ユニセフを休職して帰国。3月、東京2020組織委員会ジェンダー平等推進チームアドバイザーに就任。6月、社団法人「SDGs in Sports」を立ち上げ、アスリートやスポーツ関係者の勉強会を実施している。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2 3

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集