[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

企業女性リーダー400人の94%が元アスリート 女子選手の起業家育成支援にEYが関わるワケ

競泳の元五輪代表選手で、引退後は国連児童基金(ユニセフ)の職員として発展途上国の平和構築・教育支援に従事し、昨年から一般社団法人「SDGs in Sports」代表としてスポーツ界の多様性やSDGs推進の活動をしている井本直歩子さんの「スポーツとジェンダー」をテーマとした「THE ANSWER」の対談連載。毎回、スポーツ界のリーダー、選手、指導者、専門家らを迎え、様々な視点で“これまで”と“これから”を語る。第4回のゲストは世界中で会計監査やコンサルティングなどを手掛ける大手グローバル・プロフェッショナルファームEYの関連会社であるEY Japanの佐々木・ジャネルさん。女性アスリートのキャリア・トランジションやリーダーシップについて全3回で議論する。今回は前編。(取材・構成=長島 恭子)

井本直歩子さんとEY Japanの佐々木・ジャネルさんが女性アスリートのキャリア・トランジションやリーダーシップについて議論【写真:回里純子】
井本直歩子さんとEY Japanの佐々木・ジャネルさんが女性アスリートのキャリア・トランジションやリーダーシップについて議論【写真:回里純子】

連載第4回「競泳アトランタ五輪代表・井本直歩子×EY Japanの佐々木・ジャネル」前編

 競泳の元五輪代表選手で、引退後は国連児童基金(ユニセフ)の職員として発展途上国の平和構築・教育支援に従事し、昨年から一般社団法人「SDGs in Sports」代表としてスポーツ界の多様性やSDGs推進の活動をしている井本直歩子さんの「スポーツとジェンダー」をテーマとした「THE ANSWER」の対談連載。毎回、スポーツ界のリーダー、選手、指導者、専門家らを迎え、様々な視点で“これまで”と“これから”を語る。第4回のゲストは世界中で会計監査やコンサルティングなどを手掛ける大手グローバル・プロフェッショナルファームEYの関連会社であるEY Japanの佐々木・ジャネルさん。女性アスリートのキャリア・トランジションやリーダーシップについて全3回で議論する。今回は前編。(取材・構成=長島 恭子)

 ◇ ◇ ◇

井本「以前から女性アスリートのビジネス分野への挑戦やキャリア・トランジションのサポートを行うEYが創設したプログラム『女性アスリートビジネスネットワーク(Women Athletes Business Network/以下、WABN)』に注目していました。今回、日本でのプログラムディレクターである佐々木さんとようやく直接お会いできて大変嬉しいです」

佐々木「本当に、やっと対面でお会いできましたね。私も今日を楽しみにしていました!」

井本「早速ですが、なぜEYが世界的に、女性アスリートのアントレプレナー(起業家)育成支援に関わることになったのですか?」

佐々木「以前、イギリスのEYがアメリカのテレビ局ESPN-W(スポーツ専門チャンネルESPNの女性スポーツ版)と一緒に、日本を含む世界中の企業の女性リーダー400人を対象にした調査を行ったんです。その調査結果で、女性リーダーの94%が、競技としてスポーツをしていたことが明らかになりました。つまり、女性アスリートと女性リーダーの間の強い関係性が、浮き彫りになったんですね。

 それから、スポーツをしてきた94%の女性リーダーのうち、57%は大学レベルで競技をしていて、80%の人はそのスポーツで培った経験がキャリアに役立っている、と答えました。私たちはこういう結果になるだろうと予想はしていたのですが、調査によって、より鮮明になりました。これが、EY本社がWABNプログラムを始めるきっかけの一つになったのです」

井本「男性でも同じことが言えるのかなと思うんですが、女性アスリートに限ったサポートを始めたのはなぜですか?」

佐々木「実は、男性アスリートはサポートしないのか? とよく聞かれました。でも、私たちEYは以前からビジネスにおけるジェンダー・ギャップの解消を、大きな目的の一つにしています。いくつかの国では、教育レベルでジェンダー平等のためのルール、法律があります。例えばアメリカの大学スポーツは法律によって男女平等が守られており(通称『タイトル・ナイン』)、女子学生のスポーツ参加率や競争力を高めることにつながっています。

 でも企業にはこういったルールはありませんから、自ら動いて企業や社会のジェンダー・ギャップを解消し、ジェンダー平等を加速させなければなりません。こういった理由から、EYのWABNプログラムが始まりました。WABNの目的は、女性アスリートたちのリーダーシップのポテンシャルを磨いて、スポーツで培ったスキルをビジネス界で成功を収められるように転換させて、キャリア・トランジションを支えることです」

井本「ビジネスの視点から、女性アスリートのポテンシャルを支えるというのは、私たちアスリートたちからするととてもありがたいですね。特に、アスリートのキャリア・トランジションやデュアルキャリア支援というのは数多くの組織や個人が取り組んでいると思うのですが、女性に特化したものは非常に少ないと感じています。日本の女性アスリート特有の課題もありますから、そういったところに配慮しながらスキルアップを支援するプログラムはとても貴重ですね。

 WABNプログラムのなかで特に素晴らしいと感じるのは、メンタリング・プログラムです。これは、女性のビジネスリーダーが、1年間、女性アスリートのメンターとなり、定期的にメンタリングセッションをしてもらうというものですよね。これによって、アスリートたちは何を得ているのでしょうか?」

1 2 3

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集