[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

守備に難ありアデルに掌返しの米絶賛 149km高速レーザービームに「最高のプレーだ」

米大リーグのエンゼルスは12日(日本時間13日)、本拠地でツインズに0-4で敗れた。この試合で左翼を守ったジョー・アデル外野手が本塁へストライク返球で、二塁走者を刺した。動画が公開されると、今季、拙守を露呈していた23歳の好プレーに米ファンからは「キャノン」「また見せてくれ」などの声が集まっている。

エンゼルスのジョー・アデル【写真:Getty Images】
エンゼルスのジョー・アデル【写真:Getty Images】

守備に課題のエンゼルス・アデルが守備で魅せる

 米大リーグのエンゼルスは12日(日本時間13日)、本拠地でツインズに0-4で敗れた。この試合で左翼を守ったジョー・アデル外野手が本塁へストライク返球で、二塁走者を刺した。動画が公開されると、今季、拙守を露呈していた23歳の好プレーに米ファンからは「キャノン」「また見せてくれ」などの声が集まっている。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 課題だった守備でチームを盛り上げた。ツインズ2点リードの3回、2回2死二塁でホセ・ミランダは左前打を放った。深めに守っていたアデルはチャージして、すぐさま送球。ややモーションは大きい印象だったものの、ノーバウンドでミットへ。ホーム手前で二塁走者の生還を防いだ。

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は自身のツイッターに映像を公開。「ジョー・アデルが92.8マイル(約149キロ)のストライク返球で得点を許さず」と記して脚光を浴びせた。返信欄の米ファンからは「ナイスジョブ」「キャノン」「ワオ! 最高のプレー」「また見せてくれ」などの反響が寄せられた。

 アデルは今季ここまで48試合に出場して4失策。エラーにならないミスも目立つなど、守備に課題を抱えていた。そんな中での“汚名返上”のレーザービームに米ファンも掌返しの称賛を送っていた。「2番・DH」で先発した大谷翔平投手は4打数無安打だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集