[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平も真似た“ゆりかご投法”右腕が今季初ボーク 米ファンは判定支持「審判に同意」

“ゆりかご投法”で有名な米大リーグ・アストロズのルイス・ガルシア投手。クセの強い投球動作で打者を翻弄するのが特徴だが、12日 (日本時間13日) の本拠地アスレチックス戦で今季初のボークの判定を受けた。米メディアが動画を公開すると「正しい判定」「毎回ボークをとってくれ」などの声が集まっている。

今季初のボークの判定を受けたアストロズのルイス・ガルシア【写真:ロイター】
今季初のボークの判定を受けたアストロズのルイス・ガルシア【写真:ロイター】

 “ゆりかご投法”で有名な米大リーグ・アストロズのルイス・ガルシア投手。クセの強い投球動作で打者を翻弄するのが特徴だが、12日 (日本時間13日) の本拠地アスレチックス戦で今季初のボークの判定を受けた。米メディアが動画を公開すると「正しい判定」「毎回ボークをとってくれ」などの声が集まっている。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 0-1の2回2死満塁でチャド・ピンダーを迎えたガルシア。カウント0-1からの2球目、いつものようにグラブを横にゆらゆらと揺らし、ステップを踏んでから投球するも、三塁塁審はボークを宣告。三塁走者が生還し、追加点を献上した。ガルシアは不満そうな表情で抗議し、ダスティ・ベイカー監督も詰め寄る展開となった。

 米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターは実際の映像を公開。文面に「満塁で球審がルイス・ガルシアの独特なモーションにボークの判定。ガルシアはこれに納得せず」と記した。

 すると米ファンからは「いいぞ。毎回ボークをとってくれ」「正しい判定。完全に静止していない」「球審に同意」「全くセットポジションに入っていない。ボークだよ」「ついに!」「グッド。史上最も間抜けなワインドアップ」などと判定に肯定的なコメントが多く寄せられた。

 ガルシアの“ゆりかご投法”といえば、たびたび対戦し、幻惑してきたエンゼルス・大谷翔平投手が7月の試合前練習中にすれ違った際にものまねしたことも話題に。ボークはMLB通算2度目で、今季では初。6回4失点で勝ち負けをつかずも、アストロズが7-5で勝利した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集