[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「恋できない病気かと思った」 元バレー選手、滝沢ななえが家族に同性愛を告白した日

かつてV・プレミアリーグ、V・チャレンジリーグでプレーしていた、元バレーボール選手の滝沢ななえさん。2013年に現役を引退した彼女は、2017年、出演したテレビ番組でレズビアンであることをカミングアウトした。まだまだセクシャル・マイノリティであると公表する人が少ないなかで、何故公表に踏み切ったのか? そして性的指向に悩む子どもたちや選手に何を伝えていきたいのか。自身の経験を振り返りながら、語ってもらった。

美し過ぎるバレーボール選手としても話題を呼んだ滝沢さん【写真:宮坂浩見】
美し過ぎるバレーボール選手としても話題を呼んだ滝沢さん【写真:宮坂浩見】

元女子バレー選手、滝沢ななえさんインタビュー前編 カミングアウトした理由とは

 かつてV・プレミアリーグ、V・チャレンジリーグでプレーしていた、元バレーボール選手の滝沢ななえさん。2013年に現役を引退した彼女は、2017年、出演したテレビ番組でレズビアンであることをカミングアウトした。まだまだセクシャル・マイノリティであると公表する人が少ないなかで、何故公表に踏み切ったのか? そして性的指向に悩む子どもたちや選手に何を伝えていきたいのか。「THE ANSWER」のインタビューで自身の経験を振り返りながら、語ってもらった。

【特集】「タブーなしで考える女性アスリートのニューノーマル」 THE ANSWER的「国際女性ウィーク」特設サイトはこちら

 ◇ ◇ ◇

「もしかして私は、人を好きになれない病気なのかもしれない。そんな風に、悩んだ時期もありました」

 かつてV・プレミアリーグ、V・チャレンジリーグでプレーしていた、元バレーボール選手の滝沢ななえさん。引退後の2017年、出演したテレビ番組でレズビアンであることを公表。日本のスポーツ界では、自身がセクシャル・マイノリティであると公表する関係者は非常に少なく、そのニュースは多くのメディアに取り上げられ、注目された。

「テレビの反響は、やっぱりすごく大きかったですね。当時はまだ、母と数人の友人しか知らなかったので、妹から『どうして言ってくれなかったの!』って、すぐに連絡がきました」

 子どもの頃は、近所の仲良しの男の子のことを指して、『私は●●君が好き』と、女の子同士で言い合うことはあった。しかし、中学・高校生になり、男子とお付き合いするようになってからは、常に『違和感』があった。

「付き合っても『恋愛出来ない感』がすごくありました。友達の様子と違って、自分だけ何だかいつも、盛り上がれない(笑)。どうしてだろう? 私は人のことを好きになれない病気なのかな? と思い、真剣に調べたときもありました」

 調べていくなかで、世の中には(恋愛感情や性的欲求を抱かない)「無性愛者(エイセクシャル)」という人たちがいることを知り、ああ、病気ではなく、こういう可能性もあるのか、と考えることもあった、という。

「でも、レズビアンである可能性は、まったく思いつかなかったですね。勿論、レズビアン、同性愛者という言葉は知ってはいましたが、自分はそうかも、という思いは湧かなかった」

 気がついたのは、22歳。女優・上野樹里さんがトランスジェンダーを演じたドラマ『ラストフレンズ』を観たときだった。

「映像で実際に目にしたときに初めて、『あぁ、そうか。こういう形の恋愛もあるのか。もしかしたら自分はレズビアンかもしれないな』と思いました。でも、実際に女性と付き合ってみないと、本当かどうかはわからない。それで、アクションを起こすことにしたんです」

 調べてみると、どうやらレズビアンが集まる店もあるらしい。でも、いきなりリアルな場に足を運ぶ勇気はない――。そこで、まずはプライベート用の新しいアカウントを作り、SNSで見つけたセクシャル・マイノリティのコミュニティに参加。その場を通じて交流が広がり、ほどなく、初めて女性と付き合いはじめた。

「最初にお付き合いしたときに、自分は同性愛者だと確信しました。ああ、自分も誰かのことを好きになれる。恋愛感情はあるんだって、嬉しかった」

彼女が出来た後、高校時代からの親友と、当時所属していた埼玉上尾メディックスのチームメイト数人だけに打ち明けた。

「親友に打ち明けたのは、実は自分から言い出したのではなく、突然、『もしかしてさ、ななえって女の子が好き?』と聞かれたのがきっかけです。彼女には昔から、恋愛の悩みを相談してきたし、隠す必要はないな、と思って」

 友人たちは皆、滝沢さんにパートナーが出来たこと、恋をしていることを、喜んでくれた。しかし、このときはまだ、家族に打ち明けることまでは考えられなかった。

1 2 3 4 5

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集