[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「生まれてから一度も生理がない」と言った大学生 女子選手が陥る「無月経」の理由

スポーツを習い始めたばかりの小学生、部活に打ち込む中高生、それぞれの高みを目指して競技を続ける大学生やトップカテゴリーの選手。すべての女子選手たちへ届ける「THE ANSWER」の連載「女性アスリートのカラダの学校」。小学生からオリンピアンまで指導する須永美歌子先生が、体やコンディショニングに関する疑問や悩みに答えます。第3回は「無月経」について。

第3回のテーマは「無月経」について
第3回のテーマは「無月経」について

連載「女性アスリートのカラダの学校」第3回―女性アスリート外来の相談で最も多い無月経

 スポーツを習い始めたばかりの小学生、部活に打ち込む中高生、それぞれの高みを目指して競技を続ける大学生やトップカテゴリーの選手。すべての女子選手たちへ届ける「THE ANSWER」の連載「女性アスリートのカラダの学校」。小学生からオリンピアンまで指導する須永美歌子先生が、体やコンディショニングに関する疑問や悩みに答えます。第3回は「無月経」について。

 ◇ ◇ ◇

 女性アスリートに多いカラダのトラブルの一つに、生理が止まってしまう「無月経」があります。

 東京大学医学部附属病院の女性アスリート外来の統計によると、1年間に診察に訪れた女子選手157人(2017年4月~18年4月)のうち、無月経の相談に訪れたのは全体の34%。これは、相談内容のなかでもっとも多い数です。さらに14~19歳の10代アスリートに限ってみると、なんと53%が無月経の相談でした。

 また、女子大学生を対象とした日本産科婦人科学会と国立スポーツ科学センターの調査によると、一般の大学生の無月経の割合は1.8%。対して女子アスリートは日本代表レベルで6.6%。地方大会レベルでも6.1%という非常に高い数値を示しています。

 無月経の原因はさまざまですが、スポーツをする女性に多いのが「視床下部性無月経」です。これは、エネルギー不足や急激な体重の減少、トレーニングのしすぎなどにより、生理をコントロールする脳の視床下部や、女性ホルモンを分泌する卵巣の機能が低下。女性ホルモンが分泌されにくくなり、月経が止まってしまう、というものです。

視床下部性無月経になる仕組み。原因は一つではなく、カラダ、食、ココロとあらゆる問題が無月経になる引き金に【デザイン:野口佳大】

 無月経は特に、審美系競技(新体操、フィギュアスケート、バレエなど)や持久系競技(陸上長距離・トライアスロンなど)といった、低体重が有利に働きがちな競技の選手に多いといわれています。なぜなら「痩せたい」「太りたくない」からと食べる量を減らしすぎてしまい、エネルギー不足、栄養不足に陥るためです。

 また、心身のストレスも原因の一つ。オーバートレーニングによるカラダへのストレス、指導者や家族、周囲の人からのプレッシャー、あるいは自分で自分を追い込んでしまうなどの重圧が、無月経を起こす引き金になります。

1 2 3

須永 美歌子

日本体育大学教授、博士(医学)。日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学スタッフ)、日本陸上競技連盟科学委員、日本体力医学会理事。運動時生理反応の男女差や月経周期の影響を考慮し、女性のための効率的なコンディショニング法やトレーニングプログラムの開発を目指し研究に取り組む。大学・大学院で教鞭を執るほか、専門の運動生理学、トレーニング科学の見地から、女性トップアスリートやコーチを指導。著書に『女性アスリートの教科書』(主婦の友社)、『1から学ぶスポーツ生理学』(ナップ)

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集