[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

妖艶さを纏った47歳ラメル佳代子は“ゼロ絞り”でも貫録V 日本一へ「まだまだ絞れます」

一般社団法人ベストボディ・ジャパン協会が主催する「ベストボディ・ジャパン2022首都圏大会」が10月22日に千葉・習志野文化ホールで開催され、各部門で筋肉美が競われた。40歳以上が対象のフィットネスモデル部門ウーマンズクラスは、47歳のラメル佳代子がグランプリを獲得した。調整不足で納得いくボディを作り切れなかった中でも、会場が息をのむほどの圧巻のポージングを見せて優勝。日本大会(11月23日、東京・両国国技館)での悲願Vに向け、今後の課題などを聞いた。

フィットネスモデル部門ウーマンズクラスでグランプリを獲得した47歳のラメル佳代子【写真:中戸川知世】
フィットネスモデル部門ウーマンズクラスでグランプリを獲得した47歳のラメル佳代子【写真:中戸川知世】

ベストボディ・ジャパン首都圏大会

 一般社団法人ベストボディ・ジャパン協会が主催する「ベストボディ・ジャパン2022首都圏大会」が10月22日に千葉・習志野文化ホールで開催され、各部門で筋肉美が競われた。40歳以上が対象のフィットネスモデル部門ウーマンズクラスは、47歳のラメル佳代子がグランプリを獲得した。調整不足で納得いくボディを作り切れなかった中でも、会場が息をのむほどの圧巻のポージングを見せて優勝。日本大会(11月23日、東京・両国国技館)での悲願Vに向け、今後の課題などを聞いた。

 ◇ ◇ ◇

――優勝おめでとうございます。お気持ちを教えてください。

「感無量です。ここまで、仕事とトレーニングの両立も大変でしたが、それに加えて、今はトレーナーの勉強をしています。これらを同時にこなしていくのは大変でした」

――体調管理には苦労されたようですね。

「調整がうまくいかなかったというのはあります。仕事が忙しくて、なかなか自分の100%を出せませんでした。それでも、結果的にグランプリを獲れて良かったです」

――自慢の部位を教えてください。

「大円筋と肩周りが私の自慢です。それを意識して、今日もポージングをしました。多くの人に見ていただいて感謝です」

――ここまでかなりの実績を積み上げてきていらっしゃいますね。

「去年は宇都宮大会でグランプリを獲らせていただき、日本大会では3位でした。今年は甲府大会でグランプリを獲得し、今日もグランプリを獲らせていただきました」

――日本大会に向けて、どのように調整を進めていかれますか。

「私はいつも詰めが甘いんです。今年はあと1か月でその詰めの部分をしっかりやっていきたいと思います。まだまだ絞れます、まだまだ」

――その「詰め」とは。

「絞りです。絞りがいつも自分の思うようにできていなくて……。今日もほとんど絞れていません。“ゼロ絞り”です(笑)。本当に仕事が忙しいので。だからこそ、まだ伸びしろはあります。あと1か月でどう体を変えられるかですね」

――やってきてよかったことを教えてください。

「やはり、こうして今日、グランプリを獲らせていただいたことですね。応援して下さる方に見せられることができたのが幸せです」

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集