[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

四半世紀、体を鍛え続けた68歳の女王・丹羽裕子の金言「常に笑っておけば年齢が出ない」

先月開催された日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)主催の「オールジャパンフィットネスチャンピオンシップス」。ミスフィットネスオーバーオールでは68歳の丹羽裕子が優勝した。競技歴約25年のレジェンド。舞台上で若々しさを見せるための技術、これからトレーニングを始める人への金言も教えてもらった。

ミスフィットネスオーバーオールで優勝した丹羽裕子【写真:中戸川知世】
ミスフィットネスオーバーオールで優勝した丹羽裕子【写真:中戸川知世】

オールジャパンフィットネスチャンピオンシップス

 先月開催された日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)主催の「オールジャパンフィットネスチャンピオンシップス」。ミスフィットネスオーバーオールでは68歳の丹羽裕子が優勝した。競技歴約25年のレジェンド。舞台上で若々しさを見せるための技術、これからトレーニングを始める人への金言も教えてもらった。

 ◇ ◇ ◇

――20代の選手も参加した中、出場最年長で優勝の快挙です。

「優勝できるなんて本当に思っていませんでした。年が年だし、見ていたらシワが出るだろうしとか、不安だらけでしたが、どうしたら年に見えない立ち方、動き方ができるかを考えました。例えば笑うと顔はリフトダウンするので、常に笑っておけば年齢が出ない。いかに年齢が出ないかという技術を一生懸命磨いて、ごまかす方法を磨いてきた感じです(笑)」

――オールジャパンに初めて出場したのは1998年。約25年の競技キャリアです。

「いつでもこうした方がもっと良くなるんじゃないかと、リベンジ、リベンジでやってきて。来年の方が良くなるかなと思ってやってきたら、また出て、その繰り返し。過程が楽しいので、昨日までが楽しかった。本番はどうでもいい。鍛えるのが辛いけれど楽しいです」

――この競技をやっていて良かったことを教えてください。

「やっぱり身体能力が衰えないこと。柔軟性、機敏性、心肺機能、何から何まで全てが必要になりますから、結構どれもレベルが保てます」

――これからボディメイクを始めたいと思っている人に、伝えられることはありますか。

「若い人は骨格がキレイなので、何をやっても成長すると思います。でも、50歳を過ぎると姿勢が悪くなる。その状態のままトレーニングしてもカッコよくはなりません。自分の骨格が綺麗な状態でトレーニングしていただくと、骨に筋肉がついているので、綺麗な形に筋肉もつく。骨の形が崩れると綺麗な筋肉はつかない。年配の方はそれを意識してやっていただければ」

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集