[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

シュワちゃんは何が凄いのか ガチビルダー勢が愛する「アーノルド」の究極の肉体美

半世紀前に人類の理想形として完成した肉体を作り上げたアーノルド

 彼は7度もボディビルの世界チャンピオンになりましたが、まず体のバランスが完璧です。活躍したのは、1970年代と今から約半世紀も前ですが、当時、すでに人類の理想形として完成した肉体を作り上げています(バズーカ的には)。現代はトレーニング器具の性能も上がり、体に与える影響もだいぶ進化しています。しかし、アーノルドは今のような器具がないなかで、そしてサプリメントも、研究による情報も圧倒的に少ないなかで、完璧な、美しい体を作り上げている。今まさに取り組んでいる私からすると、「自分は一体どうしたらいいんだ? なんて情けないんだ!」という気持ちです。

 現代のトップクラスのビルダーが彼より圧倒的に勝っているのは、脚です。脚の筋肉量は今のビルダーの方がかなり大きいですからね。でも、残念ながらデカすぎてちょっと気持ち悪い。もちろん、ビルダー的には「よくつけたな」と感服しますが、美しくはないんですよね(バズーカ的には)。一般的な美の感覚でいうと、アーノルドの筋肉の付き方がかっこいい。人類が求める筋肉美はアーノルドがとっくに極めてしまったなと感じます。

 もう少し細かく言うと、まず上半身の形がすごくカッコいい。彼の上半身は理想的な「Vシェイプ」、つまり逆三です。しかも、「V」の形も美しい。逆三角形を作るには、肩、広背筋のアウトラインが重要です。腰から肩からに向かってしっかりワイド感があり、背中もものすごく広い。肩の丸さも理想的です。

「Vシェイプ」は、ある程度、条件が揃っている恵まれた体でないと綺麗には実現できません。アーノルドのような低い位置から広がる背中をローラット(高い位置の人はハイラットという)といいますが、ウエストからグーッと斜め上に広がり、マントを広げているようなシルエットになる。トレーニング方法の成果もありますが、広背筋の付着部が下までこないと、どうやってもこのシルエットにはなりません。

 さらに、体の正面を見ると、ボディを構成する大胸筋から、それに連なる腹筋の輪郭が「V」の字を刻んでいる。上半身全体もV、パーツもVと二重の逆三体形なのです。

 そして、幼い私が衝撃を受けた大胸筋です。まず、面積が広い。まさに「北斗の拳」のキャラクターや「仮面ライダー」と同じスクエアで、大きな面積を持つ大胸筋です。逆に彼らの大胸筋は、アーノルドをモデルにしたんじゃないか!? と思うぐらいに、かっこいい。大胸筋が(左右に)すごく長いという体の才能もありますが、昔のアーノルドのトレーニング映像を見ると、横に広がるトレーニングもやっている。やはり才能だけでなく、努力の賜物です。

1 2 3

岡田 隆

1980年、愛知県生まれ。日体大准教授、柔道全日本男子チーム体力強化部門長、理学療法士。16年リオデジャネイロ五輪では、柔道7階級のメダル制覇に貢献。大学で教鞭を執りつつ、骨格筋評論家として「バズーカ岡田」の異名でテレビ、雑誌などメディアでも活躍。トレーニング科学からボディメーク、健康、ダイエットなど幅広いテーマで情報を発信する。また、現役ボディビルダーでもあり、2016年に日本社会人ボディビル選手権大会で優勝。「つけたいところに最速で筋肉をつける技術」「HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング」(ともにサンマーク出版)他、著書多数。バズーカ岡田公式サイトhttps://bazooka-okada.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集