[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「凡人が天才を討つ」 クライミング藤井快、若手中心の世界に待ったをかける経験値

東京五輪新種目のスポーツクライミング世界選手権(東京・エスフォルタアリーナ八王子)が11日から開幕し、盛り上がりを見せている。五輪代表は男女各2枠ずつあり、今大会7位以内の日本人最上位者が内定する。2016年からボルダリング・ジャパンカップで3連覇した藤井快(こころ・TEAM au)は、若手の台頭が著しい競技を経験値で戦い抜く。

2016年からボルダリング・ジャパンカップで3連覇した藤井快【写真:松橋晶子】
2016年からボルダリング・ジャパンカップで3連覇した藤井快【写真:松橋晶子】

東京五輪代表を懸け、スポーツクライミング世界選手権が11日開幕

 東京五輪新種目のスポーツクライミング世界選手権(東京・エスフォルタアリーナ八王子)が11日から開幕し、盛り上がりを見せている。五輪代表は男女各2枠ずつあり、今大会7位以内の日本人最上位者が内定する。2016年からボルダリング・ジャパンカップで3連覇した藤井快(こころ・TEAM au)は、若手の台頭が著しい競技を経験値で戦い抜く。壁を登ることに「使命感や義務は感じていない。好きで楽しくて登っている」と語る26歳の胸の内に迫った。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

 風に身を任せるように自然と競技を始めた。藤井とクライミングの出会いは、静岡・浜松日体中に入った直後だった。テニス部に興味を持って入学したが、校内の大きな壁がたまたま目についた。中学校では珍しい光景。好奇心を掻き立てられた12歳の少年は、試しに登ってみた。

「最初は全然登れなかった。でも、全然登れないことがちょっと面白いなって。できないからこそ、これ面白いなと思いましたね。身一つでやるものですし、相手がいるわけでもないし、道具を使うのってそんなに得意じゃなかったので。自分の身一つでできないというのは悔しいし、面白いなって素直に思ったのがきっかけだなと思います」

 足も速くない。長距離も苦手。球技も得意ではなかった。スポーツ万能とは胸を張って言えなかったが、「壁」との唐突な出会いが少年を今の五輪への道に連れてきた。「僕はやりたくて始めたというわけじゃない。最初は楽しめたらいいなというくらい。まず(クライミングの)存在を知らなかったので、今思えばあの選択が今の状況を生んでいる。かなり紙一重というか、奇跡的なものだなと思います」と運命の瞬間を振り返る。

 あれから14年が経った。その間に世界的祭典の追加種目に採用され、26歳の藤井は母国開催の夢舞台が手に届くところまで来た。持ち味は安定感。どんな壁でも冷静に対処できる。しかし、本人は「凄く安定しているねと言われるけど、それだけでは今はもう物足りない」と頭を悩ませている。周りを見渡せば「代表候補」と呼ばれるライバルたちは20代前半の選手ばかり。競技が盛んになるにつれ、若手の突出した存在が目立つようになってきた。

「僕は正直、楢崎兄弟(智亜、明智)みたいに天性的な動きもできないし、原田海選手みたいに凄く(石を)持てるわけでもないし、緒方良行選手みたいにパワーがあるわけでもない。彼らに比べると、何か劣っているなというのは凄く自分の中にある。天才っていろいろいると思うけど、僕はどちらかというと凡人のジャンル」

 劣等感を感じずにはいられない。それでも「凡人が天才を討つほうが面白いと思うので、大事なところはいただければいいかな」と虎視眈々と五輪切符を見据えている。劣等感の裏には確かな自信があるからだ。業界ではベテランの域にいる26歳は、経験値で違いを見せようとしている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集